ウェディング用語集(は行)



ウェディングに関する用語(は行)をご紹介します。

ハウスウエディング

ハウスウエディング(ハウスウエディング)

一軒家を借り切って結婚式を挙げる挙式スタイル。ガーデンやプールなど洋館風の大きな家や別荘を結婚式会場にして、親族の他に親しい人を集めて開く。アットホームで堅苦しくなく、くつろいだ雰囲気の中で挙式ができる。他のカップルと遭遇することもなく、会場全体を独自で楽しむことができる。ブライダル専用の会場を持っているプロデュース会社もあり、1日1組限定で貸し切るようになっている。ただし、料理はケータリングが多く、天候にも左右される。

筥迫

筥迫(ハコセコ)

女性が和装の正装、打掛を着るときに用いる小物入れのこと。胸元の合わせに差し込まれる箱状の装飾品で、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、羅紗(らしゃ)など、豪華な刺繍を施してあり、飾り房が付いている。江戸時代の武家の夫人たちが、懐紙や鏡、紅などを入れておくために用いた和風の化粧箱が起源とされている。当時は、身だしなみの必需品として嫁入り道具のひとつとなっていた。のちに婚礼衣装に使われることで、装飾的な意味合いが強くなった。

初穂料

初穂料(ハツホリョウ)

神前式の挙式料の代わりに納めるお金。神殿使用料、神職や巫女への謝礼、誓詞などが含まれており、神様に奉納するための金銭という意味。神様に捧げるため「玉串料」と呼ぶこともある。式場内の神殿を使った挙式は、単なる挙式料である。「初穂」とは、その年に初めて収穫された米のことで、古くから初穂をまず神様に捧げることで、豊作に対するお礼や感謝を表した。その後、初物も初穂として捉えられるようになり、神前に供えるようになった。ここから神様への供え物を「初穂」と言われるようになった。

花束贈呈

花束贈呈(ハナタバゾウテイ)

披露宴の最後に、新郎新婦から両親に花束を贈る演出。花束を贈呈するときは自分の両親に渡す場合と、相手の両親に渡す場合があり、どちらでも選べる。また、新郎が新郎の母と新婦の母に花束を渡し、新婦が新郎の父と新婦の父にブートニアを渡す方法もある。花束を贈呈することに先立ち、新婦が両親に宛てた手紙を読んだり、新郎が挨拶したりするなど一連の流れになった演出もあり、披露宴を締める感動のクライマックスとなる。最近では、花束の代わりに産まれたときの体重で作る「体重ベア」や、思い出のアルバムなどを贈ることも増えている。

ハネムーン

ハネムーン(ハネムーン)

新婚旅行のこと。蜂蜜(Honey)と月(Moon)で蜜月と直訳され、新婚1ヵ月の間を意味していたが、その間に旅行に行くことが多かったため、新婚旅行を指すようになった。一般的には、挙式の翌日に旅立つことが多く、長期休暇が取れることから、行き先は欧米やオーストラリア、ハワイなど海外が圧倒的である。また、仕事の関係で夏期休暇や年末年始に合わせて出かけるケースも多い。日本で初めて新婚旅行を行なったのは坂本龍馬である。

バージンロード

バージンロード(バージンロード)

教会の入口から祭壇までの中央通路に敷かれた布、またはその通路。花嫁の純潔の象徴で、神の前で2人が導かれて結ばれることを表す。キリスト教挙式では、花嫁が父親にエスコートされて入場し、祭壇近くまで来たときに新郎が歩み寄って、父親が新婦を新郎に託す。エスコートは、母親や兄弟など父親以外でも新婦に親しい人であれば誰でもできる。退場するときは、新郎新婦が腕を組んでバージンロードを出口に向かって歩く。列席者は、バージンロードを踏んではならないことになっている。バージンロードは、カトリックでは赤い絨毯だが、プロテスタン

媒酌人

媒酌人(バイシャクニン)

結婚式・披露宴での仲人を指す。結婚式では立会人となり、誓約書の証人でもある。披露宴では、メインテーブルの新郎新婦の横に媒酌人夫婦が寄り添う形で座り、挙式の終了を報告したり、新郎新婦の経歴などを列席者に紹介したりする。本来は仲人が媒酌人を務めるが、最近では仲人を立てる人が少ない傾向にあり、挙式当日だけの「頼まれ仲人」として、会社の上司や学生時代の恩師などに媒酌人を依頼することが多い。現代では、仲人と同義語にもなっている。

バスケットブーケ

バスケットブーケ(バスケットブーケ)

バスケットに花を摘んだようにあしらった手提げ風のブーケ。バスケットから花や葉があふれるようにアレンジされ、可愛らしさや可憐な印象を与える。バスケットに好きな花を詰め込んだり、植物のツルを持ち手にしてバスケットのようにしたりと、アレンジが自由で印象の変化も楽しめる。カジュアルな雰囲気で、脇に持つブーケのため、ドレス前面にデザインがある場合に効果的。ガーデンウェディングやお色直しのドレスにマッチする。

バチェラーパーティ

バチェラーパーティ(バチェラーパーティ)

新郎が挙式前に親しい友人たちと開くパーティーのこと。バチェラーは独身者の意味で、新郎の独身時代最後の一日を一緒に過ごし、みんなで独身最後の日を楽しむために開く。形式などは一切なく、バカ騒ぎしたりハメを外したりして好き勝手に仲間と盛り上がる。通常は、ベストマンやグルームズマンたちがパーティーを企画する。レストランやバーラウンジ、ナイトクラブなどで行なうが、新郎の家やベストマンなどの家で開かれることもある。

バンコ

バンコ(バンコ)

バンズ・コールの略で、日本の教会式の結婚式で、新郎新婦が十字架の前にひざまずいて神に結婚の誓いを行なう演出。本来は結婚を予告することを意味するが、結婚を宣言する意味で使われている。祈りを捧げる台を「バンコ台」と言う。実際には、カップルが教会で日曜日ごとに3回連続して結婚の告示をして、異議を唱える者がなければ結婚式が行なえる。法定結婚式では、事前に婚姻許可書が必要で、自治体に申請して発行してもらうが、宗教婚では結婚予告があれば、婚姻許可書は不要になる。

パックプラン

パックプラン(パックプラン)

結婚式に必要な内容をパッケージ化したウェディングプラン。式場やホテルなどで人数やコンセプトに応じたプランが用意されている。挙式、料理、飲み物、装花、装飾、ウェディングドレス、ウェディングケーキなど挙式・披露宴の進行に必要なものがセットになっている。また、招待状や式次第、席次表などのペーパーアイテムも用意されており、あまりこだわらないカップルには便利である。キャンドルサービスなど演出はオプションになっていることが多い。真夏や真冬のオフシーズン、平日などは料金が安く設定されていることもある。

パニエ

パニエ(パニエ)

ドレスの下に重ねてはくアンダースカートのこと。スカートのボリュームを出したり、美しいシルエットを作るために用いられる。チュール生地を幾重にも重ねたりして、張りのある素材でできており、使用しないときは軽くて畳めるようになっている。スレンダーなウェディングドレスには不要。レンタルの場合は、ウェディングドレスとセットになっており、料金も含まれていることが多い。16〜18世紀にフランスの貴婦人がスカートを広げるために用いていたものが起源とされている。

引き上げ料

引き上げ料(ヒキアゲリョウ)

支度料とは逆に、結婚式修了後に花嫁の着物やドレスを脱がせ、メイクを落としたり髪を直したりしてもとに戻す場合にかかる料金。支度料と同様にパッケージ料金に含まれていることもあるが、別料金になっているケースもある。和装のお引き上げ料は、着物を脱がせたりカツラを片づけたりして専門知識と手間がかかるため、洋装より高めに設定してあることが多い。予算がない場合は、自分で直しても問題ない。また、二次会用としてのメイク直しは、別料金になることもある。

引菓子

引菓子(ヒキガシ)

披露宴の列席者に引き出物と一緒に持ち帰ってもらうお菓子。披露宴の膳のお裾分けとして、また列席者の家族へのお土産としての意味がある。夫婦に渡す場合は、2人でひとつでも構わない。予算は1,000〜2,000円程度で、和菓子でも洋菓子でも構わないが、日持ちのするものを選ぶようにする。洋菓子ならバームクーヘンや焼き菓子、和菓子なら饅頭や干菓子などが定番とされる。最近では、有名店の人気菓子や新婦の手作りによるクッキーなどを渡すケースも増えている。

引出物

引出物(ヒキデモノ)

披露宴に列席した人たちに渡す品物。お祝いのお裾分けと、列席への感謝の意味を込めて贈る。披露宴修了後に引菓子と共に持ち帰ってもらう。数は2〜3品で、予算は4,000〜6,000円程度のものが一般的とされているが、地方によって独特の風習があるため、品数や内容が異なる。最近は、記念の品物とギフトカタログを入れることが多い。当日荷物もかさばらず、ギフトカタログからゲストが自分の欲しいものを自由に選べるため、贈る側ももらう側も重宝する。

ビスチェドレス

ビスチェドレス(ビスチェドレス)

「ビスチェ」とは、ストラップがなく、丈がウエストまであるロングラインのブラジャーのことで、本来インナーだったものがアウターにデザインされたドレスのこと。ワイヤーを使って胸の形を整え、上半身のシルエットを強調することで、体にフィットしたデザインが多い。アームラインを細長く見せ、首から胸元が大胆にあいているためにバストが強調され、アクセサリーも映えて見える。上着がセットになっていて、2ウェイドレスとしての着こなしが楽しめるものもある。

ファンシータキシード

ファンシータキシード(ファンシータキシード)

正式なタキシード以外のタキシードの総称で、フォーマルな黒のタキシードより略式で準正装とされる。シルクやベルベット、モヘアなどの生地が使われ、柄も無地からタータンチェック、プリント柄など様々で、デザインも多様なバリエーションがある。パンツは黒いズボンが基本で、ジャケットに合わせる場合もある。タイは蝶ネクタイやアスコットタイを用いる。日本では、ドレスコードがそれほど浸透していないが、ファンシータキシードが着用できるのは、カジュアルなパーティーや披露宴などとされている。

フラワーガール

フラワーガール(フラワーガール)

キリスト教式の挙式で、バージンロードに花を蒔きながら花嫁を先導する女の子のこと。バージンロードを花で清めるために、花カゴを持って蒔きながら祭壇へと進んでいく。その後、父親にエスコートされた新婦が入場する。フラワーガールは、一般的に近親者で4〜10歳の女の子1〜3人が務める。新婦のドレスのトレーンを持つトレーンベアラーとは違い、花嫁を導く役目となる。花を蒔いて歩く少女たちに、厳かなムードの中にもほほえましいシーンが繰り広げられる。

フラワーシャワー

フラワーシャワー(フラワーシャワー)

キリスト教式の挙式で、新郎新婦が教会から外に出てくるときやバージンロードを退場するときに、列席者が花びらをかけて祝福するセレモニー。花の香りで新郎新婦の周囲を清めて、悪魔から2人を守ると伝えられている。フラワーシャワーで使う花に決まりはなく、好きな花を選んでふりかけるようにする。また、生花ではなく造花の花びらを使用することもあり、日本では造花を使用することが多い。会場によっては、フラワーシャワーができない会場もあり、事前に確認が必要となる。

ブーケ

ブーケ(ブーケ)

新婦が持つ花束のこと。ヨーロッパでは昔、男性が女性にプロポーズするときに野の花を摘んで花束を作って渡したとされており、それがブーケの由来となる。アームブーケ、オーバルブーケ、クレッセントブーケ、ラウンドブーケなどデザインバリエーションが豊富にあり、花材も多彩なため自分の好みやウェディングドレスに合わせて多彩なアレンジが可能。ブーケを選ぶ際には、ウェディングドレスのシルエットやデザイン、新郎新婦の体型、会場の規模や雰囲気など総合的に考える。また、お色直しに合わせてブーケも替えるため、複数を用意しておく。

ブーケトス

ブーケトス(ブーケトス)

挙式後に、新婦が後ろを向いて未婚女性のゲストに向かってブーケを投げる演出。投げられたブーケを受け取った女性は、次の花嫁になれると言われている。欧米の習慣で、幸せを繋ぐことを意味する。ブーケトスでは、挙式に用いたブーケではなくミニブーケを用意する。昔からヨーロッパでは、花嫁が身に付けているものは縁起が良いとされており、ゲストは花嫁が身に付けているものを手に入れようと群がるため、花嫁が群衆から逃げるために身に付けているものを投げたのが起源とされている。

ブートニア

ブートニア(ブートニア)

新郎の左胸に飾る花のこと。本来は、上着の左胸のボタンホールに挿すが、左襟にコサージュとして留めるようになっていることが多い。ブートニアの花は、新婦が持つブーケと同じ花材でコーディネイトする。大抵の場合、ブーケとブートニアでセットになっている。ヨーロッパでは昔、男性が女性にプロポーズするときに野の花を摘んで花束を作って渡したのがブーケの起源だが、花束を贈られた女性が結婚を承諾する意味で、花束から一輪の花を抜いて男性の胸に挿したのがブートニアの始まりとされている。

仏前式

仏前式(ブツゼンシキ)

新郎または新婦の代々の墓がある菩提寺かその本山で執り行なう結婚式、あるいは僧侶を自宅に招いて執り行なう結婚式。2人の結婚を前世からの縁と考え、その出会いを仏様とご先祖様に感謝して、現世と来世の契りを誓う。挙式の形式は宗派によって多生異なるが、仏前で念珠(数珠)を受け、新郎新婦が結婚を誓い合った後に焼香をして合掌礼拝をする。式杯は、神前式の三三九度に当たるが順序は三三九度と逆で、新婦から杯に口を付ける。最後に法話があり、退堂して終了する。菩提寺の本堂や寺院が会場となるが、挙式用の祭壇を用意すればホテルや一般

ブライズメイド

ブライズメイド(ブライズメイド)

新郎の付添人であるアッシャーに対して、新婦の付添人になる人。未婚の女性が務めることになっており、友人や姉妹などが選ばれる。白以外の揃いのドレスを着て、バージンロードでは新婦に先だって入場し、新婦の身の回りの世話をする。ブライズメイドは2〜5人とし、男性側のアッシャーと同数にする。ブライズメイドの代表者を「メイド・オブ・オナー」と呼ぶ。また、女性だけの結婚の前祝いパーティーとなるブライダルシャワーを企画も行なう。

ブライダルインナー

ブライダルインナー(ブライダルインナー)

ウェディングドレスを美しく着るために、ドレスの下に着用する専用の下着。一般の下着より補正力が強く、バストアップをしたりウエストラインを強調したりする効果がある。ブラジャー、ウエストニッパー、ガーターベルトがひとつになったスリーインワンや、ブラジャーとウエストニッパーがセットになったビスチェタイプなどが代表的。オフショルダーのドレスや襟が広く開いたデザインのドレスには、ストラップレスの下着、背中が大きく開いたバックレスデザインのドレスには、バックレスタイプの下着など、ドレスに応じて下着を選ぶ。

ブライダルエステ

ブライダルエステ(ブライダルエステ)

結婚式に備えてのエステコースで、エステサロンによって様々なメニューが用意されている。余分な脂肪を除去したり、肌のコンディションを整えたりして、結婚式当日に向けたボディーケアを行なう。挙式の半年前から直前までいろいろなコースが用意されており、フェイシャルケアやドレスを着たときの露出部分などプログラムに沿って何回か通って理想の体型や美肌をつくっていく。化粧のりを良くするためのシェービングや、リラックス効果のあるヒーリングなど、幅広いケアをしてくれる。

ブライダルチェック

ブライダルチェック(ブライダルチェック)

結婚前に新婦が行なう婦人科検診のこと。結婚後の妊娠や分娩に影響する項目をチェックし、健康で赤ちゃんを産める体であることを証明することになる。検査結果を結納の際に報告することもある。受診は、挙式の半年前から3ヵ月前に行なうが、健康保険が利かないため実費となる。主な検査項目は、血液検査、肝機能検査、感染症検査、子宮ガン検診、乳ガン検査、尿検査など。受診する人はそれほど多くないが、晩婚になると妊娠しにくくなることもあるため、健康管理を含めて受診することが望ましいとされる。

ブライダルフェア

ブライダルフェア(ブライダルフェア)

結婚式場やホテルなどが開催するウェディングに関するイベント。模擬挙式や模擬披露宴、婚礼料理の試食会、ウェディングドレスのファッションショー、婚礼衣装の試着会、引き出物のサンプル展示など、実際の挙式・披露宴がイメージできる内容が用意されている。結婚を控えたカップルにとって、参考になることが多い。また、会場の装飾や装花の展示など会場の雰囲気を、直に味わうことができる。挙式や披露宴に関する相談も受付けてくれるので、不明な点や疑問などを解決することもできる。

文金高島田

文金高島田(ブンキンタカシマダ)

和装を着た新婦が、頭にする髷(まげ)を結った日本的な髪型。白無垢や色打掛を着用する際にする。未婚女性の代表的な髪型で、島田髷の根元を上げて髷を高くし、額のほうへ出した結い方で、上品さと優雅さを備えた髪型とされる。本来は、武家の若い女性などの髪型だったが、明治以降に花嫁の正装として定着した。「文金」とは、小判のことで、嫁ぐ娘のために母親が髪の中に小判をしのばせるために髷を高く結い上げることから由来している。曲げを高くするために、髷の中に針や楊枝などを入れる。現代はほとんどがカツラとなっている。

ヘアメイク

ヘアメイク(ヘアメイク)

髪型を整えたり、顔にメイクをしたりすること。お色直しでは、婚礼衣装に合わせて専門家が髪型を変えたり、メイクをし直したりする。メイクは顔だけでなく、肩や二の腕、背中などドレスで露出する部分にファンデーションを塗ったりして、美しく見えるようにしてくれる。ホテルや式場には専属のヘアメイクがいるが、式場入りの前にお気に入りの美容師に整えてもらう場合も多い。お色直しでヘアメイクの内容が異なったり、和装から洋装へと替えたりするときは料金が別々になる。ヘアメイクをもとに戻す場合は、お引き上げ料がかかる。

片木盆

片木盆(ヘギボン)

白木でできた足のない台で、正方形の盆の一種。薄い白木の板を「片木(へぎ)」と呼び、その板を盆として使用するもの。古来より神仏への供え物を載せる台で、最も格調ある贈答品に用いられるが、結納では家族書・親族書、目録、受書を贈呈する台として使われる。片木盆の上に載せられた目録などを広蓋(ひろぶた)の中に入れ、袱紗をかけて、両家で持ち寄る。結納品は、片木盆ごと相手に渡すのがしきたりとなっている。使用を省略しても構わない。

ベール

ベール(ベール)

ウェディングドレスを着用したときに、花嫁の顔や頭を覆う薄い布のこと。シースルーの素材で作られ、光をやわらかく遮り、肌を保護する効果がある。また、清浄のシンボルとして悪魔や悪霊から身を守る意味もある。正式には、トレーンより長い物を使い、挙式時以外は身に着けない。顔を覆い隠すベールは、「フェイスアップベール」と呼び、キリスト教式の挙式では、新郎が新婦のベールをたくし上げる儀式が恒例となっている。顔を隠さないベールは「マリアベール」と呼ばれる。

ベストマン

ベストマン(ベストマン)

欧米の結婚式で、新郎の付添人と立会人を「アッシャー(グルームズマン)」と呼び、その中の代表でリーダー的な存在の人。新郎の世話人となり、身の回りのことを世話する。結婚指輪や結婚証明書を運んだり、進行をサポートしたりするため、結婚式では重要な役目を担う。新郎の独身最後のパーティーであるバチェラーパーティーの企画や進行も行なう。ベストマンは、新郎の友人や兄弟など未婚の男性が務めることになっている。女性側のブライズメイドの代表は「メイド・オブ・オナー」と呼ばれる。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテム(ペーパーアイテム)

結婚式や披露宴で使用する印刷物。招待状や席次表、式次第、メニュー、ウェルカムボード、結婚証明書などがある。レストランウェディングなどカジュアルなパーティーでは、サンキューカードやプロフィール表など演出や装飾で、さらに増えることもある。主なものは式場で用意してくれるが、自分たちで手作りしても構わない。パソコン用の素材集やインターネットのテンプレート集など、手作り用のサンプルや素材が多く出回っているため、それらを利用する人も多い。

芳名帳

芳名帳(ホウメイチョウ)

結婚式・披露宴で、招いたゲストが受付で名前や住所を書く記帳用のノートで「ゲストブック」とも言う。通常では、受付でご祝儀を渡したあとに記帳する。記帳をお願いすることで、出欠の確認にもなる。新郎側と新婦側で2冊用意し、記入用のサインペンなども数本用意しておく。記帳形式ではなく、受付時にゲストにカードを配付して、連絡先やメッセージを記入してもらい、後で回収するケースもある。また、無地のぬいぐるみの体にサインしてもらう形式もある。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。