ウェディング用語集(あ行)



ウェディングに関する用語(あ行)をご紹介します。

アートフラワーブーケ

アートフラワーブーケ(アートフラワーブーケ)

手作りによる造花のブーケで、「アートブーケ、シルクブーケ」とも言う。バラや胡蝶蘭などのように花の季節を気にせずに、好きな素材や形、色などを選んで自由に作ることができる。形が崩れにくいため海外挙式やリゾート挙式などに便利である。造花なので、時間が経ってもしおれたり枯れたりすることがなく、手入れも不要であるなどメリットも多く、挙式後も記念に残すために買い求める人も多い。また、花嫁自身が手作りする場合もある。

アッシャー

アッシャー(アッシャー)

教会式の結婚式で、バージンロード用のアイルランナーの準備をしたり、新郎の付き添いとして挙式をサポートしたりする人で、「グルームズマン」とも呼ぶ。アッシャーの数は2〜5名で、ブライズメイド(花嫁の付添人)と数を合わせるようにする。中世のヨーロッパでは、結婚するカップルを妬んで悪魔がやってくると言われ、その悪魔の眼をごまかすために、同年代の若者を新郎と同じ服装で付き添わせたのが始まりとされている。通常は、新郎新婦の兄弟や友人など未婚の男性が務める。挙式後は、ブライズメイドとカップルになって退出する。

アテンダー

アテンダー(アテンダー)

介添人のことで、結婚式当日に挙式の支度から写真撮影、挙式中、披露宴にわたり新郎新婦のそばに付き添って、エスコートや服装の直しなど、身の回りの世話を行なう。また緊張する気持ちをほぐしてリラックスさせたり、ハプニングやスケジュールの遅れなどにも臨機応変に対応したりすることが求められる。ウェディングプランナーが務めることが多い。式場によっては、終日アテンダーが付き添うものから挙式前までのものまで、アテンドのコースが選べるものもある。

アトリウムウェディング

アトリウムウェディング(アトリウムウェディング)

「アトリウム」とは、古代ローマの都市住宅の天窓付き中庭のこと。最近では、ホテルや複合ビルなどのガラスで覆われて日光が差し込む吹き抜けロビーを指す。そのスペースに祭壇を設けて、チャペルに見立てて挙式を行なうこと。通常のチャペルにない広々としたスペースが開放感をもたらし、一般の人たちが自由に往来するため、通りがかりの人たちにも祝福してもらえるメリットがある。弦楽四重奏などの生演奏を響かせるなど、様々な演出も可能。

一台飾り

一台飾り(イチダイカザリ)

結納品をそれぞれ一台の献上台に載せる形式を言う。主に関西地区に多く見られる。献上台一台ずつに結納品を飾り付けるため、豪華な印象を与える。献上台は、雛壇のように段が点けられていることが多い。品目は奇数(陽の数)であれば何種類でも構わない。ただし、熨斗と末広の2品目は結納になくてはならない品のため、最小限の品目でも必ず入れなければならない。儀式の際は、結納品を床の間に飾り付け、目録書を渡すことになっている。

五つ紋服

五つ紋服(イツツモンフク)

黒地に白く染め抜いた家紋を、背中にひとつ、前身頃に2つ、両後ろ袖に2つの計5ヵ所に入れた、男性の和装で、最も格式の高い男性の正礼装とされる。五つ紋の入った黒羽二重の着物・羽織に袴を合わせる。手には末広(扇子)を持ち、足には畳表の草履を履くのが正式なスタイルとなる。なお、女性の留め袖にも五つの家紋が入るが、五つ紋は男性の正礼装を意味する。レンタル衣装の場合は、印刷した家紋を着物に貼り付けて対応する。

色打掛

色打掛(イロウチカケ)

色地に赤や金など華やかな色の刺繍が施された和装の婚礼衣装。かつて武家社会では「嫁ぎ先の色に染まる」と言う意味を込めて白無垢で嫁ぎ、色の付いた着物に着替えることで「婚家の色に染まった」と表現した。この風習を踏まえて、挙式では白無垢を身につけ、披露宴で色打掛を羽織るケースが多い。内側に着る着物より長めの丈に仕立てられる。また、裾部分には「ふき」と言われる綿を入れて厚みを出し、足に衣装がまとわりつかないようにしてある。

祝い膳

祝い膳(イワイゼン)

結納後に両家と仲人で囲むお祝いの宴席のこと。結納を贈られた女性側が用意し、鯛の尾頭付き、ハマグリの潮汁など、縁起の良い素材を使った料理でもてなす。男性側からは、料理と同程度の酒肴料を包むのが一般的。仲人が祝い膳を辞退したときは酒肴料とは別にお礼を包む。祝い膳はおせち料理も指し、節句や行事などでも設けることがある。なお、割り箸は「割れる」ことから忌み嫌うため、慶事用の寿の袋に入った柳の丸箸を使うようにする。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキ(ウェディングケーキ)

結婚披露宴に用いるケーキのことで、ケーキカット用のイミテーションケーキと、式後に招待客に振る舞われる生ケーキがある。イミテーションケーキは大きく高さがあり、豪華なデコレーションが施されているので、披露宴で人目を引いて、特に広い会場に映える。ケーキの高さは、新郎新婦の今後の幸せや繁栄をケーキに託して、願いが天まで届くようにという思いが込められている。また、ケーキを分け合って食べることで、幸せを分かち合うことを意味する。ケーキカット用に生ケーキを用いることも多い。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナー(ウェディングプランナー)

1組のカップルの結婚式をプランニングし、挙式・披露宴までの新郎新婦のアドバイザーを務める人。「ブライダルコーディネーター、ウェディングプロデューサー」とも言う。カップルの意向や希望を聞いたり、演出を考えたりしながら挙式と披露宴のプランを作成する。ドレスやメイクなど衣装に関することや招待状の作成、引き出物選びなど挙式当日に必要な内容にも携わる。また、新郎新婦の悩みや問題点を解決しながら、プランに沿った運営を進めることも重要となる。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク(ウェルカムドリンク)

披露宴や二次会のパーティーで、準備が整うまでの待ち時間に、ゲストをもてなすために出される飲み物のこと。軽いアルコールやソフトドリンクをふるまうのが一般的で、カナッペなどの軽食と一緒に用意されることが多い。ドリンクを出されるのは控え室などが多いが、好きな飲み物をいつでも飲めるようにするため、最近ではゲストルームがバー形式になっているところもある。料金は、披露宴でのドリンク代に含まれる場合と別料金の場合がある。

ウエルカムボード

ウエルカムボード(ウエルカムボード)

結婚披露宴会場の入口の前に置かれたサインボードや看板のこと。ゲストに式場の場所を知らせるために新郎新婦の名前を入れて案内する。専門の業者に発注することが多いが、自らの個性を出すために、新郎新婦や友人らによって手作りで作る場合もある。レストランウェディングなどは、店舗の雰囲気を活かして作ることもある。大きさや内容は様々で、花やハートをあしらったり、新郎新婦の似顔絵を描いたりと祝福と歓迎を表現したものがほとんどである。

受書

受書(ウケショ)

結納品の受領書のこと。男性側から結納品を贈った場合、女性側から結納品を受け取ったことを記した儀礼書。正式には、結納品の目録に沿ってしたため、後日に結納返しを行なう場合は、それまでに用意する。同時交換で結納を交わすことが当たり前となった現代では、男性側から女性側に代わって贈る品を書いた受書も用意することが多い。明細を細かく記載する方法としない方法があり、どちらでもかまわない。受書には、結納金の額などを書かずに「壱封」とするのが一般的。

内祝い

内祝い(ウチイワイ)

結婚式・披露宴に招待していない人から結婚祝いを頂いたときに贈るお返しのこと。贈るものとしては、頂いたお祝いの3分の1〜半額程度の金額のもので、記念になる物や日用品など相手のことを配慮して選ぶようにする。贈るときは、相手を訪ねて直接手渡しで贈ることが理想だが、遠方など手渡しが困難な場合は、挨拶状を添えて宅配便で送っても構わない。お祝いを頂いた1ヵ月以内に送るようにする。また、熨斗は結び切りの水引を用いる。

内金

内金(ウチキン)

挙式・披露宴会場などを正式予約したときに会場側に支払うお金で、「申込金」とも言う。仮予約から本予約をするときに支払う。金額は、会場によって異なるが5〜25万円程度で、内金の金額は費用の一部に充てられ、後日、挙式費用から内金を差し引いた分を精算する。手付け金とは異なり、内金を支払ったことで契約が成立する。そのため、内金を放棄しても契約をキャンセルことはできず、内金は戻らないことが多く、キャンセル料も別に発生する。

エタニティリング

エタニティリング(エタニティリング)

リングの全周に同じカット、同じサイズの宝石がとぎれなく並ぶ指輪。エタニティとは「永遠」を意味することから、永遠の愛を象徴する指輪と呼ばれる。宝石が全周並ぶ物は「フルエタニティ」、半周程度並ぶ物は「ハーフエタニティ」と呼ぶ。フルエタニティを選ぶことが基本だが、サイズ直しの可能性や経済的な理由からハーフエタニティを選ぶ場合もある。リングの幅が均一であるためマリッジリングとしたり、マリッジリングの重ねづけとしたりして用いる。また、結婚記念日や子どもが生まれた日など祝い事にも用いられる。

エンゲージリング

エンゲージリング(エンゲージリング)

男性から女性へプロポーズをしたときや結納を交わしたときに贈る指輪で、婚約指輪のこと。大きな宝石があしらわれた豪華な物が多い。最も人気が高いのはダイヤモンドだが、真珠や誕生石など、好みで選ぶケースも少なくない。「給料の3ヵ月分」というのは宝石店の宣伝文句で、実際には20〜30万円の価格帯に人気が集まっている。指輪を贈る習慣は、ヨーロッパで古くからあるが、結婚指輪と婚約指輪の区別はなかった。区別ができたのは第二次世界大戦後のアメリカからで、現代ではその習慣が世界的に根付いている。

オーダーレンタル

オーダーレンタル(オーダーレンタル)

オーダーメイドで作ったウェディングドレスなどを、結婚式後にショップに返却するもの。オーダーメイドとレンタルの良いところだけを採用したシステムで、オーダーメイドのように自分のサイズやデザインなど好みに合わせた新品のドレスを着用でき、しかも使用後はレンタルドレスのように返却することができるため、保管も不要になる。予算はレンタルドレスよりは割高だが、オーダーメイドよりはリーズナブルとなる。なお、汚れやシミ、破れなどがあると、返却時に修理代や染み抜き代を請求される場合がある。

オートクチュール

オートクチュール(オートクチュール)

オーダーメイドで作った一点物の高級なドレスで、フランス語で「高級な仕立て服」を意味する。自分の個性やこだわりを自由にデザインでき、上品さや華麗さなどワンランク上のオシャレを楽しめることが特徴。最高の素材を用いて熟練した職人が手仕事でこしらえるため、シンプルなスーツで一着300万円程度と非常に高価となる。レースや刺繍など豪華な装飾が施されたドレスでは、500万円以上にも跳ね上がり、上流階級やセレブが主な顧客となる。

お色直し

お色直し(オイロナオシ)

結婚披露宴の途中で、新郎や新婦が衣装を着替えること。本来は、新婦が結婚して相手の家に染まることから、白無垢から色打掛に着替えることを意味するものだった。現在は純白のドレスからカラフルなドレスに着替えることが多く、和装と洋装を組み合わせたりして、3回以上のお色直しも珍しくない。披露宴の進行上、新郎新婦が中座している間は、招かれたゲスト同士の歓談やプロフィール映像の上映などが行なわれるのが一般的。

お祝い返し

お祝い返し(オイワイガエシ)

結婚へのお祝いの品を頂いたときに、お返しとして贈る品のこと。内祝いとの違いは、親戚や親しい友人へお返しを贈る内祝いに対し、お祝い返しはそれほど親しくなくても顔見知りだったり、昔の友人だった人から贈られたお祝いへの返礼となる。結婚だけでなく、出産祝いや新築祝いなどで頂いた場合でもお祝い返しとなる。お祝いを頂いたときは、できるだけ早くお礼状を送ったり電話でお礼を述べ、贈る品物は内祝いと同じで、贈る相手のことを考えて選ぶようにする。

翁人形

翁人形(オキナニンギョウ)

結納のときに用いられる老夫婦の人形で、高砂伝説に由来することから「高砂人形」とも呼ばれる。「高砂伝説」とは、兵庫県高砂市の高砂の浦で、老松の精が相生の老夫婦になって現れたという故事にならった能楽曲で、曲の一部は婚礼の祝儀でも謡われる。翁は老いた男性を敬う言葉で、夫婦共に白髪になるまで幸せに暮らすという願いが込められている。縁結びの神として古くから慶事に欠かせない人形とされており、金婚式や長寿の祝いなどに用いられたり、贈ったりする。

御袴料

御袴料(オハカマリョウ)

男性から贈られた結納金の半分に相当する金額を包んで、結納の当日か後日に女性がお返しをするもの。夫の役目を示す袴を贈るという意味から由来するもので、贈られた金額の半分を返すことから「半返し」とも呼ばれる。ただし、東海や関西では贈られた金額の約1割とされており、地域によって金額が異なる。また、記念品としてネクタイピンや腕時計などを贈ることも多い。最近ではさらに御袴料を省略し、男性側の結納金の負担を減らす形も見られる。

帯揚げ

帯揚げ(オビアゲ)

帯枕を包む和装小物の一種。帯枕の紐を隠して帯び結びの形を整える役割がある他、装飾的な意味もある。帯から少し見えるため、着物や帯とコーディネイトして着こなしを演出する。また、見せ方によっても印象が変わるため、さりげなく個性を出すこともできる。婚礼衣装としては、派手な総絞りや綸子などを用いるが、新郎新婦の親や親戚などが着る礼装には白色の帯揚げを用いる。正面を見たときに「入」という字に見える入り組という方法は、独身女性しかできないとされる。

オフショルダー

オフショルダー(オフショルダー)

ドレスで両肩を出してネックラインを大きく開いたデザイン。袖があって肩先まで露出させたデザインにより、顔周りをすっきりさせ鎖骨をきれいに見せて、きゃしゃなイメージを与える。小顔効果もある。さらに襟を付けるとポイントが上に来るため、背が高くてすらりとした印象を与える。ウェディングドレスでは上品でクラシカルな感じとなる、主にイブニングドレスなどに多く見られる。肩幅の広い人やがっちりした体型の人、顔が面長の人に向いている。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。