結婚式場情報

結婚式に出席してくれた友人へのお礼



司会や写真撮影、スピーチや余興をお願いした友人には、結婚式を手伝ってくれた感謝の気持ちを込めてお礼を用意しておきましょう。親しき仲にも礼儀あり、の気持ちを忘れないで下さい。

結婚式を盛り上げてくれた友人へのお礼を忘れずに

結婚式を盛り上げてくれた友人へのお礼を忘れずに

司会やカメラマンなどをプロに依頼せず友人にお願いする場合は、披露宴が終わったあとに相応の金額を包んだお礼を手渡しましょう。スピーチや余興をお願いした友人や、ウエディングアイテムを作ってくれた友人、ブライズメイドを務めてくれた友人にも、二人の結婚式を手伝ってくれた感謝を込めてお礼を用意しておくのが礼儀です。

司会を務めてくれた友人へのお礼

司会を務めてくれた友人へのお礼

披露宴の司会を務めてくれた友人には、2~3万円のお礼を手渡すのが目安です。司会者は披露宴中忙しくほとんど食事ができないため、ご祝儀は受け取りません。帰宅の際、お礼と一緒に引出物を渡します。

写真やビデオ撮影を担当してくれた友人へのお礼

写真やビデオ撮影を担当してくれた友人へのお礼

カメラマンとして活躍してくれた友人へは、現像代とは別に1~3万円のお礼を用意して下さい。司会と同様に、披露宴中はほとんど動き回っているため、ご祝儀は受け取らず、帰る際にお礼と引出物を渡しましょう。

スピーチをお願いした友人へのお礼

スピーチをお願いした友人へのお礼

3,000~5,000円程度のお礼を包むか、同額程度の品物を贈ります。相手に気を遣わせない範囲で行ないましょう。

ブライズメイドや余興をお願いした友人へのお礼

ブライズメイドや余興をお願いした友人へのお礼

3,000~5,000円程度のお礼を包むか、同額程度の品物を贈るのが一般的です。「余興にお金を払うのは上から目線でかえって失礼なのでは」と心配な場合は、新婚旅行のおみやげを奮発したり、自宅で手料理をふるまったりといった方法で感謝の気持ちを伝えても良いでしょう。

心づけ・お礼を用意する際に注意しておきたいこと

心づけ・お礼を用意する際に注意しておきたいこと

心づけやお礼は、祝儀袋やポチ袋に入れて手渡すのがマナーです。蝶結びの祝儀袋には「何度でも結び直せる」の意味があるので結婚式には向きません。「一度きり」を意味する結びきりの祝儀袋を選びましょう。水引は10本で、熨斗(のし)が付いているものが正式です。祝儀袋とポチ袋の使い分けは、1万円以上包む時は祝儀袋、それ以下であればポチ袋に入れるのが一般的です。ポチ袋に抵抗のある人は、結びきりの水引が印刷されている祝儀袋でも良いでしょう。5万円以上を包む場合は、格の高い祝儀袋を用意して下さい。

心づけ・お礼を渡す人をリストにする

心づけ・お礼を渡す人をリストにする

渡し忘れのないよう、結婚式の一週間前には心づけ・お礼を渡す人をリストアップしておきましょう。親族や主賓など、大切なゲストについてはお互いの両親に確認することをおすすめします。

新札を用意しておく

新札を用意しておく

心づけやお礼には、新札を渡すのがマナーです。結婚式の前に、銀行で一万円札、五千円札、千円札の新札を用意しておきましょう。結婚式当日に急にお礼が必要となる場合もあるので、千円札は多めに用意しておくと安心です。

祝儀袋への表書き

祝儀袋への表書き

祝儀袋への表書きは、心づけの場合は「寿」「御礼」、主賓や媒酌人へ渡す御礼は「御車代」「御礼」とするのが一般的です。名前の部分には両家の連名もしくは招待した側の姓を記入します。