結婚式場情報

結婚式にご出席いただいたゲストへのお礼



主賓や媒酌人など、大切なゲストへのお礼は今後の人間関係にも関わる大切な手順です。お互いの両親とも相談しながら、失礼のない対応を心がけましょう。

大切なゲストへは交通費として「お車代」を

大切なゲストへは交通費として「お車代」を

主賓や媒酌人、乾杯の発声をしていただく方など、大切なゲストには交通費として「お車代」を包むのが一般的です。また、遠方から足を運んでくれたゲストの交通費や宿泊費を負担するのもマナーです。

主賓

主賓

主賓は両家からひとりずつお願いするのが一般的で、自宅から会場までをタクシーで往復した料金の1.5~2倍を「お車代」として用意します。ただし、会場の近くに住んでいる方だったとしても、お車代の金額が1万円以下では失礼にあたるので注意して下さい。お車代を渡すタイミングは、主賓が受付を済ませたあとに、頼んだ側の親があいさつを兼ねて手渡すか、前もって受付の担当者にお車代を預けておき、主賓が受付を済ませた際に渡してもらう方法があります。また、乾杯をお願いした方にも主賓と同程度のお車代を包むのが一般的です。

飛行機や新幹線代、往復のタクシーなど、交通手段をこちら側で手配した場合はお車代を包む必要はありません。

媒酌人

媒酌人

近年は結婚に媒酌人(仲人)を立てるカップルは減ったものの、その風習が根強く残っている地域もあり、その場合は失礼のない対応が求められます。

媒酌人には結婚を取り持っていただいたお礼としてご祝儀の2倍程度(20~30万円が目安)を包み、それに加えてお車代として1~3万円程度を用意するのが一般的です。挙式後数日中に新郎新婦と両家の親がそろって媒酌人の自宅にうかがうのが礼儀とされていますが、最近は披露宴のあとに他の部屋を用意して渡すケースが増えています。

遠方からのゲスト

遠方からのゲスト

遠方からのゲストを招待する際は、移動や宿泊にかかる費用を事前に用意するのが一般的です。結婚式の数週間前に相応の金額を相手の銀行口座に振り込むか、飛行機や新幹線などのチケットを郵送する方法もあります。結婚式当日に手渡す場合は、受付の担当者にお願いして渡してもらうか、ゲストへのあいさつを兼ねて親が直接手渡しても良いでしょう。

遠方から出席するゲストの交通費と宿泊費は、招待側が全額負担するのが基本ですが、金銭的に難しければ交通費か宿泊費のどちらかを負担するのが最低限の礼儀です。お金についての話題はゲスト側からは切り出しにくいので、招待した側から初めにきちんと知らせておくことが大切です。

挙式や披露宴に出席していない方からお祝いをいただいた場合

挙式や披露宴に出席していない方からお祝いをいただいた場合

挙式や披露宴のゲストとは別に、ご祝儀やお祝いの品をいただいた方にもきちんとお礼をする必要があります。一般的には、いただいたご祝儀や品物の半額程度の品物を用意し、「内祝い」として結婚式のあと1ヵ月以内に持参するのがマナーです。遠方に住んでいるなど直接足を運ぶことが難しい場合は、内祝いにお礼状を添えて発送しましょう。

また、忘れがちなのが祝電を頂いた方へのお礼です。結婚式後数日以内に電話でお礼の気持ちを伝えるか、結婚報告ハガキにお礼の一言を添えて下さい。