結婚式場情報

結婚式場のスタッフへの心づけ



スタッフへの心づけは、渡し忘れがないように事前にリストアップしておくと安心です。基本的には新郎新婦の親が手渡すことが多いので、失礼のないようきちんとお願いしておきましょう。

スタッフへの心づけは感謝をあらわすひとつの方法

スタッフへの心づけは感謝をあらわすひとつの方法

最近は心づけを辞退する結婚式場も増えていますが、一応は用意しておくことをおすすめします。結婚式当日にどうしても受け取れないと断られたら、あとでプレゼントを贈るなどして対応しても良いでしょう。

心づけは結婚式にお世話になったお礼として渡すものなので披露宴のあとに手渡すのが本来の意味です。しかし、帰り際はなにかと慌しいこともあり、近年は「本日はよろしくお願いします」という意味を込めて、挙式前や披露宴の前に渡すケースが増えています。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナー

結婚式のプランニングに始まり、挙式・披露宴の内容を決めたり料理や装花の手配を行なったり、さらには金銭的な調整まで行なうウエディングプランナーは、結婚式になくてはならない存在です。心づけの目安は3,000~1万円で、挙式前にどちらかの親から手渡すとスマートです。

ヘアメイクスタッフ

ヘアメイクスタッフ

ヘアメイクスタッフは、事前に花嫁の希望を聞き、結婚式の数週間前に本番と同じヘアメイクを施すリハーサルを行ないます。結婚式当日は花嫁にウエディングドレスを着付けたり、進行に合わせてヘアメイクを直したりもします。心づけの目安は3,000~1万円で、支度が始まる前に新婦の親から渡すのが一般的です。

介添人

介添人

結婚式当日に花嫁の面倒を見てくれる人を介添人といいます。挙式や披露宴では常に花嫁のそばに付き、ハンカチを渡したり手袋を受け取ったりと身の回りのサポートを行ないます。心づけの目安は3,000~5,000円で、挙式前または引き上げたあとに新婦の親から手渡しましょう。

司会者

司会者

主に披露宴の進行を行ないます。人前式の場合は、挙式の進行を行なうこともあります。結婚式の1ヵ月ほど前に新郎新婦と打ち合わせを行ない、二人のプロフィール紹介を作成するためのエピソードや、ゲストに関する情報をヒアリングします。心づけの目安は5,000~1万円で、人前式からお願いするのであれば挙式前に、披露宴からお願いする場合はそのあとに、どちらかの親から手渡すと良いでしょう。

会場責任者

会場責任者

結婚式の進行を把握し、様々なスタッフに指示を出しながら式を運営する役割を担います。会場によって「メートル・ドテル」「サービスキャプテン」と呼ぶこともあります。料理を出すタイミングや音楽が入るタイミング、トラブルへの対応など、現場の状況を見ながら動かなければならないため、臨機応変さが求められます。披露宴の人数にもよりますが、1~3万円が心付けの目安です。披露宴が始まる前に「スタッフの皆さまに」と一言添えて渡して下さい。

カメラマン

カメラマン

結婚式の写真や映像を撮影するカメラマンは、新郎新婦の自然な笑顔や感動したゲストの表情などを逃さないよう、常に緊張感が求められます。式場と提携しているカメラマンの場合と、外部業者に依頼したカメラマンの場合がありますが、どちらも心づけの目安は3,000~1万円で、写真と映像のカメラマンが別にいる場合はそれぞれ用意して下さい。挙式前、または披露宴のあとにどちらかの親から手渡します。