結婚式場情報

結婚式にまつわる心づけ・お礼とは



結婚式における「心づけ」「お礼」は、新郎新婦と両家の感謝の気持ちをあらわすために欠かせないものです。お世話になった人に相応の金額を包んで渡すこの慣習は古くから続くものですが、ふだんの生活においてはなじみがないので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

結婚式での心づけ・お礼は新郎新婦の心遣いの証

結婚式での心づけ・お礼は新郎新婦の心遣いの証

結婚式は、様々な人たちのサポートがあってこそ成り立っています。会場スタッフ、外部スタッフ、ゲスト、友人など、二人のために力を貸してくれた人たちに対して感謝することは当然のこと、「心づけ」「お礼」といった慣習にならうのも大人のマナーであることを念頭に置いておきましょう。

「心づけ」「お礼」とは、いうなれば外国におけるチップのようなもので、結婚式をサポートしてくれた人たちへの心遣いをあらわします。必ず渡さなければならないというルールはありませんが、二人の感謝の気持ちを形にしたものと考えれば、渡したほうが良いでしょう。

とはいえ、最近は心づけを受け取らない方針を掲げる結婚式場や外部スタッフも増えてきています。心づけを渡した際、かたくなに断られるようなら無理に渡そうとせず、後日あらためて別の方法でお礼の気持ちをあらわすのもひとつの方法です。

心づけとは

心づけとは

心づけとは、ウエディングプランナー、介添人、ヘアメイク、司会者、カメラマンなど、結婚式に携わってくれたスタッフに渡す謝礼のことをいいます。地域性や両家の考え方にもよっても変わりますが、だいたい3,000円~1万円程度を包むことが多いようです。

二人がとてもお世話になったと感じるスタッフに対しては、結婚式当日の心づけに加えて、後日あらためてお礼のために足を運ぶなどすれば、さらに感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

お礼とは

お礼とは

結婚式におけるお礼とは、披露宴の受付や司会、結婚式の撮影など、特別な頼みごとをした友人に渡す謝礼のことを言います。媒酌人や主賓、遠方から足を運んでもらったゲストに渡す「お車代」も、お礼に含まれます。

心づけ・お礼の費用分担は

心づけ・お礼の費用分担は

心づけ・お礼の費用分担は、新郎がお世話になる人には新郎側が、新婦がお世話になる人には新婦側が用意するケースが一般的ですが、結婚式当日はメイクスタッフや介添人、着付けなど新婦がお世話になる人のほうが多いため、結果的に心づけの金額は新婦側の負担が若干大きくなることが多いようです。そのため最近では事前に二人で話し合い、心づけ・お礼で必要な金額を半分ずつ出し合うカップルも増えています。新郎新婦の二人がお世話になった人への心づけ・お礼は両家から出し合うのが一般的ですが、別々に渡すのではなく1つの袋にまとめたお金を渡すようにして下さい。

心づけ・お礼の金額に決まりはありませんが、一応の目安はあるので、一度確認しておくと良いでしょう。両家が出す合う際は、それぞれの相手に対する思いによって予想していた金額に差が出ることもあります。そのため、事前に話し合いの場を設けることをおすすめします。