結婚式場情報

結婚式でのしきたり品



引出物とは別に用意する縁起物を「しきたり品」といい、その内容は地域によって様々です。事前に両親に確認するか、ウエディングプランナーに相談してみましょう。

しきたり品とは

しきたり品とは

地域によっては、引出物とは別にその土地の特産品や縁起物を「しきたり品」として用意する場合があります。しきたり品として代表的なアイテムは、縁起者をモチーフにした菓子類、鰹節などの乾物類、赤飯や鯛などの折り詰めなどとなっています。しきたり品に何を選ぶのかは地域によって様々なので、両家の親に事前に確認をしておくと良いでしょう。しきたり品には「幸せを分け合う」という意味が込められており、結婚式に出席してもらったゲストに新郎新婦の幸せを持ち帰ってもらいたいという気持ちから生まれた風習です。下記では、地域やアイテム別に、しきたり品の特徴についてご紹介します。

餅やまんじゅうはしきたり品の定番アイテム

餅やまんじゅうはしきたり品の定番アイテム

引菓子とは別に、餅やまんじゅうをしきたり品として贈る風習は全国各地で見られます。滋賀県の長浜市周辺では紅白餅のことを「おちつきぼた餅」、兵庫県淡路島では紅白まんじゅうを「お嫁入りまんじゅう」と呼ぶなど地域により名前は様々ですが、紅白の色は昔から結婚の象徴であったことがわかります。

他にも、岩手県や三重県では鶴や亀など縁起の良い動物や梅の形を模した和菓子を、石川県では鶴亀をモチーフにした和菓子と紅白まんじゅうの両方を贈る風習があります。

しきたり品を含めた引出物の品数にも地域性あり

しきたり品を含めた引出物の品数にも地域性あり

新潟市周辺では、引出物のメインとなる記念品と引菓子に加え、しきたり品として、果物などのかご盛り、赤飯、松の葉の五品を贈るのが一般的です。「松の葉」とはいわゆる「寸志」のことで、心ばかりの贈り物、という意味をあらわしています。その昔、「松の細い葉に包めるほど僅かなもの」という意味を込め、熨斗(のし)に「松の葉」と書いたのがはじまりだとされています。しきたり品としては、タオルやてぬぐいなど千円程度の品を新郎新婦の連名で贈ります。また、全国的には夫婦に1セットの引出物を贈るのが一般的ですが、新潟県では一人に一つという渡し方をするため、夫婦で出席してもらった場合は別の記念品や中身の違うかご盛りを用意します。

富山県では、引出物のメインとなる記念品と引菓子、しきたり品として、赤飯と細工かまぼこを贈るケースが多く見られます。細工かまぼことは、鯛や富士山など縁起の良いモチーフをかたどったもので、結婚のみならず富山県のお祝いごとには欠かせないアイテムです。かつては、華やかさを重視してサイズの大きなものを贈ることが多かったのですが、最近はサイズにこだわらず味の良いものが選ばれる傾向にあります。

しきたり品に名前を記す地域も

しきたり品に名前を記す地域も

愛知県と岐阜県では、しきたり品に新郎新婦の名を入れた熨斗を付けて「名披露(なびろう)」「名披露目(なびろめ)」と呼びます。その名のとおり二人の名前をゲストに披露するためのもので、鰹節のパックや赤飯を贈るのが一般的です。

長野県の飯田市周辺でも、しきたり品を新郎新婦の名前で贈る風習があります。

かさばるしきたり品は自宅へ配送

かさばるしきたり品は自宅へ配送

秋田県や山形県の南信地方ではしきたり品として寝具を用意する風習があり、結婚式の数日前に、しきたり品だけをゲストの自宅に配送するのが一般的です。