結婚式場情報

結婚式での引出物



披露宴の出席者一人ひとりに贈る引出物は、地域性が色濃く残るアイテムでもあります。両家のしきたりを重んじて、お互いに納得できる品物を選んで下さい。

お互いの地域性を尊重した引出物選びを

お互いの地域性を尊重した引出物選びを

披露宴の出席者に贈る品物の中で、メインとなるものを「引出物」と呼びます。結婚式に参加してもらった記念の意味を込め、形に残るものを選ぶのが一般的で、メインの引出物と引菓子、しきたり品の総称として引出物と呼ぶ場合もあります。

引出物と引き菓子を合わせての費用は全国平均で6,000円前後となっていますが、その金額は地域によってかなりの差があります。例えば、披露宴が会費制で行なわれる北海道では引出物の費用が2,000円以下と控えめですが、派手な結婚式で知られる北陸などは引出物の品数も多く、全国平均の2倍以上をかける場合もあります。

それぞれの実家の地域性により両家のしきたりが異なる場合は、親族との関係もありどちらかに合わせるのは難しいかもしれません。その場合は両家で別々の引出物を用意するなど、割り切った対応も視野に入れておきましょう。

ゲストに合わせた引出物の贈り分けが増加

ゲストに合わせた引出物の贈り分けが増加

以前までは披露宴に参加した人全員に同じ引出物が贈られていましたが、最近はゲストによって引出物を贈り分ける方法が主流となっており、性別や家族構成、年齢などから、それぞれのゲストに合った品を用意するカップルが増えています。金額の幅はさほど大きくはないですが、お世話になった人には少し高めの品物を選ぶ傾向が多く見られます。また、多めのご祝儀をいただくことが想定されるゲストに対して、他よりも少し高価なギフトを用意するケースもあります。結婚式が終わってからご祝儀を多くいただいていたことがわかった場合には、後日あらためて別のギフトを贈るなど、相手に失礼のない対応を心がけましょう。

定番の食器類、人気が高まるカタログギフト

定番の食器類、人気が高まるカタログギフト

今も昔も定番の引出物といえば食器類です。ふだん使いができるよう実用性が高いものを選んだり、有名なブランドの食器を選んだり、また、好みに左右されない無難なデザインの食器を選ぶことも多いようです。贈り分けをするなら、同世代のゲストには使い勝手が良くたくさんの食器がセットになったものを、親族や目上の方にはブランド食器など高級感があるものを、といった具合に選んでも良いでしょう。

また、ほしいアイテムを自分で選べるカタログ式ギフトを選ぶカップルが増えているのも最近の傾向です。披露宴で贈るのはカタログ1冊で済み、軽くてかさばらないためゲストが持って帰る際に負担にならず、二次会への移動もスムーズです。品物だけでなく、旅行チケットや食事券といったアイテムが掲載されているものもあり、選べる楽しさから幅広い年齢層に喜ばれるギフトとなっています。また、金額の異なるカタログであっても見た目にはわからないため、品物の違いをゲストの間であからさまにしたくないと考えるカップルにも支持されています。