結婚式場情報

マタニティウエディングのドレス選び



最近は、マタニティ用のウエディングドレスも種類豊富にそろっています。マタニティの花嫁がウエディングドレスを選ぶ際に気をつけるべきポイントを抑え、こだわりのドレスで美しい花嫁に変身しましょう。

美しさだけでなく着心地も重要

美しさだけでなく着心地も重要

マタニティの花嫁が一番気になるポイントは、やはりウエディングドレス選びです。「ドレスを着るからには細くキレイに見せたい」と願うのは女性として当然のことですが、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると無理はできません。加えて、マタニティウエディングの場合は、着心地の良さも大きなポイントです。ウエディングドレスに不安があると、当日気分が悪くなってしまったりドレスが気になって結婚式を楽しめなかったりといったことも考えられます。

最近はマタニティ用のウエディングドレスの種類も増え、マタニティウエディング専門のドレスショップも登場しています。プロであるショップスタッフと相談を重ねて、納得のいくドレスを探して下さい。

妊娠中期以降はマタニティ用のドレスを

妊娠中期以降はマタニティ用のドレスを

妊娠によってサイズが変化するのは、お腹や腰まわり、バストです。部分的にサイズが変化するため、マタニティの花嫁はウエディングドレスのサイズ合わせが難しいといわれています。

妊娠初期の挙式を予定している場合は、通常のウエディングドレスを着る人が多いのですが、ウエストをあまり締め付けないよう注意して下さい。挙式の時期が妊娠中期を過ぎているなら、マタニティ用のウエディングドレスのほうが良いでしょう。サイズ調整のアジャスターがついていたり体のラインをキレイに見せるシルエットになっていたりと、マタニティのための工夫が凝らしてあり安心です。

マタニティの美しさを生かすドレス選び

マタニティの美しさを生かすドレス選び

「体型が変わってしまうからウエディングドレスが似合わない」と悲観する必要はありません。マタニティにはマタニティの似合うドレスがあります。

妊娠すると、バストが大きくなりデコルテがふっくらと盛り上がりツヤを帯びてきます。「ドレスは肩と胸で着る」と言われるほど、バストラインはドレスを着る上で重要なポイントです。つまり、マタニティの花嫁にとって大切なのは、お腹のふくらみを隠すことではなく、美しいパーツを目立たせ女性らしいボディラインをつくることなのです。お腹が目立たないよう、首や肩まわりが凝ったデザインのドレスを選ぶなど、上半身に視線を集めるのも効果的です。

着席時のフィット感も確認

着席時のフィット感も確認

マタニティウエディングの場合、ただでさえ体調が崩れやすい時期であることに加え、挙式の準備や緊張感などから、ストレスや疲れを抱えてしまう花嫁も少なくありません。長時間の結婚式を負担なく過ごすためにも、ドレス選びは妥協せずに行なってください。ドレスを試着する際は、立ち姿をチェックするだけでなく、座ったときのお腹まわりへの負担もしっかりと確認しておきましょう。

経験のあるスタッフが心強い

経験のあるスタッフが心強い

初めての妊娠、結婚で大きな不安を持つ花嫁も多いはずです。少しでも安心して挙式当日を迎えるため、マタニティ用のフィッテングルームが用意してある、妊娠・出産の経験のあるスタッフが対応してくれるなど、安心できるドレスショップを探して下さい。