結婚式場情報

結婚式でのブーケセレモニー



中世ヨーロッパの物語がもとになっているブーケセレモニーは、ゲストとともにつくりあげるとてもロマンティックな演出です。ブーケ・ブートニアの儀式と呼ぶこともあります。皆の前で行なうプロポーズは、きっと一生の思い出になるでしょう。

ブーケセレモニーとは

ブーケセレモニーとは

恋人へのプロポーズを決意した青年が恋人の元に向かう途中、野花を摘んで花束をつくり、それを恋人に渡してプロポーズの言葉を伝えました。女性は承諾の言葉とともに花束から一輪の花を抜き取り、愛の証として男性の胸元に挿しました。

中世ヨーロッパに伝わるこの話を、ウエディングセレモニーとして再現したのが「ブーケセレモニー」です。男性が胸に挿す花のことをブートニアと呼ぶことから、「ブーケ・ブートニアの儀式」とも言われます。

ブーケセレモニーに使用する花は自由ですが、12本のバラを使用するブーケセレモニーは「ダズンローズ」と呼ばれます。これは「愛する人に12本のバラを送ると幸せになれる」という欧米の言い伝えがもとになっており、12本のバラにはそれぞれ「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」といった意味が込められています。

はっきりとしたプロポーズがないままというカップルなら、ブーケセレモニーで新郎から花嫁に愛の言葉を伝えてみてはいかがでしょう。あらためてプロポーズの場を設けたいカップルや、ロマンティックな演出を希望する二人にもぴったりです。

ブーケセレモニーの流れ

ブーケセレモニーの流れ

ブーケセレモニーは、挙式で行なうケースと披露宴パーティーで行なうケースがあります。それぞれに多少の違いはありますが、ここではブーケセレモニーの基本となる流れをご紹介します。

  1. あらかじめ、ゲストに1輪ずつ花を配っておきます。
  2. 新郎がひとりで入場し、ゲスト一人ひとりから花を受け取ります。
  3. すべての花が集まったら、リボンで止めてブーケをつくります。
  4. 新婦が入場します。
  5. 新郎はプロポーズの言葉とともに、ゲストから集めた花でつくったブーケを新婦に手渡します。
  6. 新婦はOKの証に花束から1輪の花を抜き取り、新郎の胸ポケットに挿します。

ブーケセレモニーを挙式で行なう場合

ブーケセレモニーを挙式で行なう場合

挙式でブーケセレモニーを行なう場合は、厳かな雰囲気を生かした演出にすると良いでしょう。挙式が始まる前にゲスト一人ひとりに一輪ずつ花を配りますが、ブーケセレモニーを知らないゲストのために、事前に会場スタッフから説明があると親切です。チャペルに入場した新郎はゲストからお祝いの言葉をかけてもらいながら花を集めブーケをつくり、祭壇の前で花嫁を待ちます。花嫁は父親とともに入場し、祭壇の前まで進みます。新郎が花嫁を受け取ったら、プロポーズの言葉とともに先ほどつくったブーケをプレゼントします。通常は、ブーケセレモニーのあと二人で牧師のほうを向き誓いの儀式を始めます。

ブーケセレモニーを披露宴で行う場合

ブーケセレモニーを披露宴で行う場合

披露宴でブーケセレモニーを行なうなら、お色直し後の再入場のタイミングで行なうのがスマートです。二人を待っている間にゲストに花を配りますが、その際に司会者からブーケセレモニーの説明を行ないます。新郎が先に入場し、ゲストから花を集めながらメインテーブルの前へと進みます。花嫁の入場を待って、プロポーズの言葉とともにブーケを手渡します。ひざまずいてのプロポーズなど、少々大げさにしても盛り上がりそうです。