結婚式場情報

結婚式でのエンディングムービー



新郎新婦の退場の際に流れるエンディングムービー・エンドロールは、ゲストへの感謝の気持ちをあらわす最後の時間です。最近は、当日撮影した映像をその場で編集し、上映する演出が人気を集めています。

エンディングムービーとは

エンディングムービーとは

エンディングムービー・エンドロールは、結婚披露宴で新郎新婦が退場したあとに流す映像のことです。映画のエンドロールのようにゲスト全員の名前を紹介し、新郎新婦の感謝の気持ちを伝えるものが一般的です。ゲスト一人ひとりへコメントを入れたり、ゲストとの思い出の写真をスライドショーで見せたりと、二人の思いをよりダイレクトに伝えることができます。一昔前までは写真を使ったシンプルなスライドショー仕立てのものがほとんどでしたが、最近は、まるで映画やテレビのような作り込んだムービーが増えてきました。

最近人気を集めているエンディングムービーは、挙式や披露宴中の様子を撮影した映像を流す演出です。専門スタッフにあらかじめ文章やゲストの名前を伝えておき、その日に撮影した映像と合わせて新郎新婦が退場するまでの時間に編集し、エンディングムービーを完成させます。たった今行なわれていた結婚式が流れる演出はサプライズ効果抜群で、ゲストの感動もより一層高まることでしょう。

エンディングムービーの制作方法

エンディングムービーの制作方法

エンディングムービーの制作方法には「映像制作会社などプロに依頼する方法」と「自分たちでつくる方法」があります。プロに依頼する場合は式場と提携している会社にお願いすることが多いのですが、費用が割高になってしまう場合も少なくありません。ただし、外部業者の映像には持ち込み料を設けている式場もあるため、費用の面から式場提携外の映像制作会社に依頼しようと考えている場合は、持ち込み料の有無を必ず確認して下さい。

プロに依頼する場合

プロに依頼する場合

最近は映像制作に必要な環境を整える費用が安価になっていることと、インターネットを使って受注する映像制作会社が増えたことで、映像制作に関する費用はかなりリーズナブルになってきています。価格はショップによって大きく異なるため、内容と金額を照らし合わせて決めましょう。また、映像制作は時間がかかるため修正に対応してくれる回数に制限を設けているところもあります。修正に対して追加料金が発生する場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

当日の様子を撮影した映像を、その日のうちに編集してエンディングムービーとして流す方法は、専用の業者でないと難しいでしょう。カメラの台数や拘束時間によっても価格は変動しますが、挙式と披露宴を合わせて10万円前後の場合が多いようです。

自分たちでつくる場合

自分たちでつくる場合

パソコンソフトの普及などにより、エンディングムービーを自分たちでつくったり友人にお願いしたりといったケースも増えていますが、ソフトに慣れるまでに時間を必要とするので余裕を持って準備を進めましょう。自分たちで映像を作る場合、自由度が高いことがメリットですが、自己満足にならないようゲスト目線を忘れないで下さい。エンディングムービーは、ゲストへ感謝の気持ちとメッセージがきちんと込められており、それをしっかりと伝えることが一番の目的です。