結婚式場情報

結婚式でのケーキ入刀・ファーストバイト



結婚式といえばケーキ入刀、というほどに定番の演出です。新郎新婦が一緒にウエディングケーキにナイフを入れるシーンは、披露宴前半のクライマックスとなるでしょう。

ケーキ入刀の由来

ケーキ入刀の由来

ケーキ入刀には「新しい人生を二人で切り開いていく」との意味が込められています。その由来はいくつかあり、ひとつはギリシャ神話の中でとある男女が永遠の愛を誓い、その証としてひとつのパンを二人で分けて食べ合ったという言い伝えがもとになっているという説です。

もうひとつは、アメリカに伝わる話から。その昔、アメリカのとある町では結婚式に招待した人たちへ新婦の母親がつくったウエディングケーキをゲストに配る風習がありました。ケーキをカットするのは新婦の役目。当時はケーキのまわりを砂糖でコーティングしたシュガーケーキが流行っていたのですが、ケーキが固すぎて新婦の力では切り分けることができません。その様子を見ていた新郎が新婦の持っていたナイフに手を差し伸べて一緒にケーキをカットしたことが、ケーキ入刀の始まりだとも言われています。

ウエディングケーキにもこだわりを

ウエディングケーキにもこだわりを

天井につくほど高いイミテーションのケーキが好まれた時代もありましたが、最近は生ケーキのウエディングケーキを用意し、ケーキ入刀のあとに切り分けてゲストに配るのが一般的になっています。新郎新婦が希望したデザインをもとにパティシエが作るスタイルがほとんどで、二人の個性をあらわしたウエディングケーキは披露宴の見どころのひとつといえるでしょう。

ちなみに、見た目にも華やかな段重ねのケーキが登場したのは、西暦1800年の終わりごろだといわれています。当時はドライフルーツや洋酒をたっぷり使った日持ちするケーキが主流で、3段のケーキにはそれぞれ「1段目は出席した人へ」「2段目は結婚式に欠席した人へ」「3段目はこれから生まれてくる赤ちゃんへ」との意味が込められていたといわれています。

ファーストバイトの由来

ファーストバイトの由来

ファーストバイトは、「ファーストイーティング」「ケーキシェアリング」とも呼ばれ、ケーキ入刀のあとに新郎新婦がそれぞれ一口ずつケーキを食べさせ合う演出です。新郎から新婦への一口には「一生食べるものに困らせません」という意味が、新婦から新郎への一口には「一生美味しい料理をつくります」という意味が込められています。

ファーストバイトと同時に行なわれる演出のひとつに、「ラストバイト」があります。これは新郎新婦がそれぞれの母親にケーキを食べさせてもらう演出で、母親から子どもに食べさせる最後の食事を意味します。新郎新婦は、今日まで美味しい料理をありがとう、との気持ちで母親からのケーキをいただきます。

和装ウエディングでの演出

和装ウエディングでの演出

和装で行なう披露宴なら、ケーキ入刀の代わりに鏡開きを行なうのもおすすめです。二人でひとつの槌を持ち、勢いよく日本酒の樽を割ります。見た目にもゴージャスで、年配のゲストにも喜ばれる演出です。そのほかに、鯛の塩竃開きや、ケーキの形をしたちらし寿司にしゃもじを入れる、という演出も人気となっています。和装を生かした二人のアイデアでゲストを喜ばせましょう。