結婚式場情報

結婚式でのウェルカムスピーチ



最近ではすっかりおなじみとなったウエルカムスピーチは、結婚式に足を運んでくれたゲストの皆さんに感謝の気持ちを伝える最初の機会です。シンプルな内容を自分たちの言葉で伝えるよう心がけましょう。

ウエルカムスピーチとは

ウエルカムスピーチとは

昔は仲人(媒酌人)が開宴のあいさつを行なうのが一般的でしたが、仲人を立てるカップルが少なくなっている現在では、披露宴の始まりのあいさつとして新郎新婦がウエルカムスピーチを行なうケースが増えています。

ウエルカムスピーチとは、その名のとおり「歓迎のあいさつ」を意味し、ゲストに向かって感謝の気持ちを伝えます。流れとしては、新郎新婦が入場したあとに司会者から開宴の辞があり、ウエルカムスピーチを行なう、という順番が一般的です。

ウエルカムスピーチは、新郎新婦二人が立った状態で行ないます。新郎のみがスピーチを行なう場合が多いのですが、新郎の言葉のあとに新婦が短いあいさつをするケースも増えています。新郎新婦それぞれにスピーチを行なうことでお互いのゲストへ感謝の気持ちを伝えることができるだけでなく、また、最初のタイミングで一言発することで新婦の緊張がほどけるというメリットもあります。

ウエルカムスピーチの内容を考える

ウエルカムスピーチの内容を考える

ウエルカムスピーチの内容は、基本的には新郎新婦で考えます。ふだん人前で話す機会のない人は特に、何を話せば良いのか悩んでしまいがちですが、難しく考えすぎず、シンプルな内容を心がけましょう。

ウエルカムスピーチで大切なのは、出席していただいたゲストへ感謝の気持ちを伝えることです。披露宴の内容にもよりますが、形式ばった言葉を並べるよりもわかりやすく自分たちの言葉で伝えたほうが、好感が持たれて思いも伝わります。

ウエルカムスピーチの基本的な構成としては、「ゲストへのお礼」「挙式報告」「披露宴のコンセプト、二人の思い」「結びのあいさつ」などです。挙式からそのまま披露宴に参加しているゲストも多いので、ただ単に「先ほど無事に挙式を終えました」というだけでなく、挙式前の二人の様子や準備までのエピソード、挙式中の気持ちなどを盛り込むと、挙式から披露宴の一連の流れが、より意味のあるものになるでしょう。

また、この会場を選んだ決め手や、こんな披露宴にしたいとの思い、料理のコンセプトなども伝えることができれば、これから始まるパーティーへの期待も高まります。

新郎のあいさつのあとに新婦が続く場合、あまり長くならず完結なスピーチを心がけると良いでしょう。主にはゲストへの感謝の気持ちを延べ、最後に「よろしくお願いします」とのあいさつで締めて下さい。

ウエルカムスピーチは新郎の見せ場

ウエルカムスピーチは新郎の見せ場

花嫁に注目が集まりがちな結婚式において、ウエルカムスピーチは新郎の見せ場のひとつです。一発本番で望むのも良いですが、ふだん人前で話す機会が多い人でなければ、必ずといっていいほど緊張します。あとで「ちゃんと練習しておけば良かった」とならないよう、スピーチの練習はしっかり行なっておきましょう。

ウエルカムスピーチは、話し方だけでなく立ち姿も重要です。胸を少し張り、会場全体を見渡すような目線で堂々と振る舞うことを心がけて下さい。また、緊張するとどうしても話すスピードが速くなってしまうので、練習ではおおげさなくらいにゆっくりと、間を取りながら話しましょう。その際、息継ぎの場所もチェックしておくと良いでしょう。

ウエルカムスピーチは、その後の披露宴の雰囲気が決まる大事なセレモニーです。当日までに準備を重ね、ぜひとも成功させましょう。