結婚式場情報

結婚式でのフラワーシャワー



見た目にも華やかなフラワーシャワーは、ゲストとの距離を縮めることができる人気のセレモニーです。フラワーのほかにも、様々なシャワーセレモニーがあります。

フラワーシャワーとは

フラワーシャワーとは

フラワーシャワーとは、教会式や人前式のあと、チャペルから退場する新郎新婦に向かって、ゲストが花びらをまいて祝福するセレモニーです。屋内のチャペルでは、バージンロードで行なう場合もあります。

フラワーシャワーには、「花の香りによってその場を清め、幸せを妬む悪魔から新郎新婦を守る」といった意味が込められています。フラワーシャワーに使用する花の種類は特に決まっていないため、こだわるのなら二人の好きな花や誕生花を用意して、幸せな気持ちをさらに盛り上げましょう。

フラワーシャワーでは生花を使用することが多いのですが、生花でのフラワーシャワーができない会場の場合は、造花の花びらを使用します。ホテルや専門式場など、館内に併設されたチャペルでは、フラワーシャワーそのものが禁止されている場合もあるので事前に確認しておきましょう。

チャペルでの挙式以外でも、フラワーシャワーの演出は可能です。例えばガーデンウエディングの場合、人前式が終わって新郎新婦が高砂席まで移動する間にフラワーシャワーを行なう演出も多く見られます。グリーンいっぱいのガーデンに舞い散る花びらはとても美しく、会場の雰囲気をより一層盛り上げてくれるでしょう。

フラワーシャワーの節約術

フラワーシャワーの節約術

フラワーシャワーではたくさんの花びらを使用するため、費用が割高になってしまうことが多いようです。造花であれば生花に比べて費用を抑えることができますが、見た目の問題から生花にこだわるカップルも少なくありません。フラワーシャワーの費用を抑える方法としては、式場が提携する花屋以外で用意する方法や、花そのものを購入して自分たちで花びらをちぎって用意する方法などがあります。いずれにしても、会場によって持ち込み費用が発生する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、最近ではフラワーシャワー用にプリザーブドフラワーの花びらも販売されていますが、生花より割高な場合もあり、一度きりしか使用しないフラワーシャワーにはあまり向いていません。

そのほかのシャワーセレモニー

欧米にはフラワーシャワーだけでなく、様々なシャワーセレモニーがあります。それぞれに込められた意味から、演出の内容を選ぶのも良いかもしれません。ここでは、フラワーシャワー以外のシャワーセレモニーを紹介します。

ライスシャワー

ライスシャワー

フラワーシャワーに次いでオーソドックスなシャワーセレモニーです。お米は豊作と子孫繁栄の象徴とされていることから、「新郎新婦の新生活が実りあるものになるように」という願いと、「子宝に恵まれるように」との願いが込められています。

クローバーシャワー

クローバーシャワー

四つ葉のクローバーを降らせる演出です。キリスト教において四つ葉のクローバーは幸運のシンボルとされているほか、アメリカでは葉のそれぞれに意味を持たせ4枚が合わさることで「真実の愛」をあらわします。大量の四つ葉のクローバーを用意するのは難しいので、クローバーシャワーを希望する場合は造花を使用します。

フェザーシャワー

フェザーシャワー

「天使が幸せを運んでくれますように」との願いが込められたフェザーシャワーは、ふわふわと舞い落ちる羽が幻想的な雰囲気を演出してくれます。写真映えが良いこともあり、近年人気を集めています。

折鶴シャワー

折鶴シャワー

神前式でもシャワーセレモニーを行ないたい、という希望から生まれた演出です。新郎新婦の平和と健康を願って、小さな折り鶴をまきます。折り鶴は新郎新婦が用意します。