結婚式場情報

結婚式でのリングピロー



結婚式の指輪交換のセレモニーに欠かせないリングピローは、小さいながらも重要な役割を担うアイテムです。最近は、式が終わってからも自宅に飾っておけるようなデザインが人気です。

リングピローの由来

リングピローの由来

リングピローとは、結婚式で指輪の交換を行なう際に結婚指輪を乗せておく台のことです。リングピローの由来は諸説ありますが、「古代エジプトの結婚式では、宝石を枕のようなものの上に乗せて飾っていた」「中世ヨーロッパでは、平民が王族や皇族に何かを直接手渡すことは許されず、いったんクッション状のものに乗せてから渡す必要があった」といった話がもととなり、ヨーロッパ地域の結婚式において指輪交換の儀式が一般的になった際、リングピローの上に指輪を乗せて運ぶようになったと言われています。

また、日本においては、二人に子どもが産まれた際に結婚式で使用したリングピローを赤ちゃんの枕として使用すると、子どもが元気に育つともいわれています。

こだわりの手作りリングピロー

こだわりの手作りリングピロー

リングピローは決して目立つ存在ではありませんが、結婚式に欠かせないアイテムとして多くのカップルがこだわる部分でもあります。結婚式場で借りることもできますが、できれば二人らしいリングピローを見つけてみましょう。

市販されているものを探すだけでなく、リングピローを手作りするのもひとつの方法です。最近では「ピロー」という名前にこだわらず、見た目にも様々なリングピローを持参するカップルが増えています。二人でこだわって作ったリングピローなら、指輪交換のセレモニーをより思い出深いものにしてくれます。

指輪のケースをリメイク

指輪のケースをリメイク

手先の器用さに自信がない人におすすめなのが、結婚指輪のケースをリメイクする方法です。接着剤で、ビーズやラインストーン、好きなモチーフなどを貼り付けるだけで完成します。造花などを使用すると、見た目にも華やかです。全体のバランスを見ながらセンス良く仕上げて下さい。

指輪のケースをリメイク

指輪のケースをリメイク

リングピローを作りたいけれど、ゼロからスタートするのは少しハードルが高いという人は、市販のリングピローキットを購入してはいかがでしょう。材料と型紙、作り方の順番や注意点が記載された説明書、完成写真がセットになっています。大きめの手芸店であれば、種類も豊富にそろいます。

オリジナルのリングピローを作る

オリジナルのリングピローを作る

「とにかくとことんこだわりたい」というカップルは、オリジナルのリングピローで結婚式を迎えてみてはいかがでしょう。デザインを決めたり材料をそろえたりと手間は多いですが、そのぶんとても気持ちのこもったリングピローになるはずです。手芸店などに足を運べば、たくさんのヒントが見つかるかもしれません。リングピローの材料には以下のようなものがあります。

プリザーブドフラワー
生花を専用の薬剤に浸して枯れないように加工したもので、あらゆる花の種類がそろいます。箱に詰めたりブーケの形にしたり、様々なアレンジが可能です 。
毛糸
好きなモチーフの編みぐるみ(毛糸など編み物で作ったぬいぐるみ)を作ったり、固く巻いた毛糸玉を利用したり。ふんわりとした優しい雰囲気が魅力です。
ぬいぐるみ
二人が好きなキャラクターや愛犬と同じ犬種のぬいぐるみなどを使います。2体用意してそれぞれに指輪を持たせれば、とても愛らしいリングピローが完成します 。
陶器
シンプルなアイテムが好みなら、陶器のプレートをリングピローに見立てるのも素敵です。好みの皿を探して手を加えるか、陶芸の体験教室などで作っても良いでしょう。