結婚式場情報

結婚式でのアッシャー、ブライズメイド



新郎新婦のサポート役として挙式に参加するアッシャー(グルームズマン)&ブライズメイドには、「幸せな二人をうらやむ悪魔から身を守るため、新郎新婦と同じスタイルの男女が付き添い悪魔の目を惑わす」という意味が込められています。

アッシャーとは

アッシャーとは

アッシャーとは、新郎の付添人として挙式をサポートする男性のことを言います。新郎の親しい友人や兄弟、親族の中から未婚男性にお願いします。また、アッシャーのリーダーを「ベストマン」と呼び、新郎が最も信頼できる人がその役を担います。欧米では、挙式の進行から結婚パーティーのスタートの挨拶まで行なう重要な存在でもあります。アッシャーの人数は2名から5名程度で、ブライズメイドと同じ人数にするのがルールです。

アッシャーは、結婚証明書の立会人としてサインをしたり指輪交換の際に花婿のグローブを預かったり、ブライズメイドをエスコートする役割も担います。

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは、新婦の付添人として挙式をサポートする女性のことをいいます。ブライズメイドの人数は2名から5名程度で、アッシャーの人数と合わせます。親しい友人や姉妹、親族の中から未婚女性にお願いすることが多いですが、既婚者にお願いしても大丈夫です。全員でおそろいのドレスを着て結婚式に花を添えます。ブライズメイドのリーダーは「メイドオブオナー」といい、花嫁が最も信頼する人が選ばれます。ちなみに既婚者の場合は「マトロンオブオナー」と呼びます。

挙式ではバージンロードで花嫁に先立って入場し、指輪交換の際にブーケやグローブを預かったりゲストにフラワーシャワーを配ったりといったお手伝いを行なうのが一般的ですが、何をすべきという明確なルールはありません。一生に一度の結婚式を大切な人たちにサポートしてもらったのという思い出が、なによりも重要な意味を持つのではないでしょうか。

ブライズメイド&アッシャーの衣裳

ブライズメイド&アッシャーの衣裳

ブライズメイドやアッシャーの衣裳は、基本的に新郎新婦が用意します。アッシャーは、欧米ではタキシードやモーニングを選ぶケースが多いですが、日本ならスーツでも大丈夫です。胸元にはブートニアを付けます。

ブライズメイドは花嫁が選んだドレスを着ますが、全員がまったく同じドレスの場合もあれば、デザインが少しずつ違うドレス、色違いのドレスなど様々で、ブライズメイドの衣裳は花嫁のこだわりが見えるポイントのひとつでもあります。ブライズメイドは皆がブーケを手にして入場します。

広がりつつあるブライズメイド&アッシャー

広がりつつあるブライズメイド&アッシャー

これまでも欧米の映画などにしばしば登場していたブライズメイドやアッシャーですが、最近は日本でもブライズメイドやアッシャーを取り入れたいと希望するカップルが増えています。特にブライズメイドは、友人たちと一緒にカワイイ衣裳が着られる特別感や、これまでにない結婚式の楽しみ方ができるとあってゲストからの人気も上昇中。各式場などでは専用のプランも次々に登場しています。