結婚式場情報

結婚式でのベールガール(トレーンベアラー)



花嫁のベールやトレーン(スカートの裾)を持って後ろを歩くベールガールは、映画などでもよく目にする演出のひとつです。他の役割も含め何人かの子どもに挙式のお手伝いをお願いする場合は、衣裳をそろえると式に統一感が出ます。

ベールガール(トレーンベアラー)とは

ベールガール(トレーンベアラー)とは

ベールガールとは、花嫁が入場する際に長いベールやトレーンを後ろから持って一緒に入場する女の子のことを言います。ひとりもしくは複数人で行ない、ベールでなくトレーンを持つ場合は「トレーンベアラー」とも呼ぶこともあります。「ベアラー」とは「持つ」という意味です。親族の小さな女の子がつとめる場合が多いですが、女の子でなくてはならないという決まりはなく、男の子にお願いしても大丈夫です。

トレーンベアラーの起源は中世のイングランドです。貴族に仕えていた子どもが花嫁のガウンの裾をもつ役をつとめたのが始まりと言い伝えられています。

注意したいポイント

注意したいポイント

ベールガール・トレーンベアラーを考えている場合は、トレーンの長いウエディングドレスか、ロングベールを選ぶ必要があります。また、挙式会場があまり広くない場合はベールガール・トレーンベアラーの演出はあまり向きません。バージンロードが長めの大聖堂など、挙式会場選びにも注意が必要です。

子どもを登場させるならこんな演出も

子どもを登場させるならこんな演出も

リングボーイ、ベールガールのほか、子どもを登場させる演出のひとつとして「フラワーガール」も有名です。フラワーガールとは、ベールガールと同様に小さな女の子がバージンロードを歩く花嫁の前もしくは後ろで、花びらをまきながら歩く演出です。バージンロードを清める意味があり、欧米などでは必ずといって良いほど登場します。複数人でつとめることも多く、「花束を持つ」「花びらを入れたバスケットを持ち、花びらをまく」「とげのないバラの枝を持ち、参列者に手渡しながら進む」といった役割を分担します。ゲスト参加型の演出でもあるフラワーシャワーは、どなたにも喜ばれる演出です。

参列者に男の子と女の子がいる場合、リングボーイとフラワーガールの役割をお願いし、カップルに見立てて登場させる演出も人気です。子どもたちにとっても、知り合いのお姉さんやお兄さんの結婚式におもてなしをする立場として参加する経験は、一生残る大切な思い出になるはずです。

挙式を手伝う子どもたちの衣裳

挙式を手伝う子どもたちの衣裳

欧米では、ウエディングパーティーに参加してもらう子どもたちの衣裳は、新郎新婦と合わせて用意することがほとんどです。親戚の子どもたちが同じドレスを着て並んでいる様子も珍しくありません。日本では子どもの親がそれぞれに用意するケースが多いですが、もし何人かの子どもに挙式のお手伝いをお願いするなら、同じ衣裳でそろえると結婚式に統一感が出るほか、見た目にもとても華やかです。

男の子はタキシード、女の子のドレスの色はホワイト系が一般的です。白のドレスはマナー違反ではと心配する人もいますが、派手な色のドレスでは厳かな結婚式のムードが台無しになってしまいます。白をベースにしたものか、薄いパステルカラーのドレスが良いでしょう。