結婚式場情報

ブーケの種類



ひと口にウエディングブーケといっても様々なスタイルがあり、同じシルエットでも使う花の種類によって印象がまったく変わってきます。ブライダルブーケはフローリストに依頼するのが一般的ですが、最近は、ブライダルブーケを作るための講座なども多く開催されており、こだわり派の花嫁から支持されています。

ウエディングブーケ

ウエディングブーケ

ウエディングドレスのように、ウエディングブーケにも基本となるシルエットがあります。たいていの場合、ドレスに合わせてブーケを用意するので、ドレスが2着なら用意するブーケの数は2つとなることが多いです。挙式時の演出にブーケトスを考えている場合は、別でもうひとつ用意する場合もあります。

ラウンドブーケ

ラウンドブーケ

半円形の丸いブーケです。選ぶ花の種類によって、キュートな雰囲気からカッコいい大人の雰囲気まで、どんなイメージにも仕上がります。近年は、持ち手の着いたクラッチタイプが人気を集めています。

オーバルブーケ

オーバルブーケ

ふんわり感がある楕円形(オーバル形)のブーケです。大きめの花や動きのある葉ものが映えるシルエットです。キャスケードブーケよりも小ぶりなので、汎用性が高いといえます。

ティアドロップブーケ

ティアドロップブーケ

オーバルブーケと似ていますが、先端をシャープに仕上げ、涙のしずくのような形に仕上げたブーケです。

キャスケードブーケ

キャスケードブーケ

キャスケードは「小滝」という意味です。滝のように、上から下に向かう縦長のラインが特徴で、優雅でボリュームがあり、格調の高さを感じるブーケです。

クレッセントブーケ

クレッセントブーケ

クレッセントとは「三日月」を意味し、三日月のようなカーブを描いたフォルムのブーケです。花材によって、ゴージャスにもナチュラルにも仕上がります。

クラッチブーケ

クラッチブーケ

花を束ねただけのスタイルで、茎の部分を握って使用します。ナチュラルやスタイリッシュなものが一般的ですが、優雅に仕上げることも可能です。

アームブーケ

アームブーケ

クラッチブーケの仲間で、カサブランカやカラーといった背が高い花材の茎をそのまま束ねたナチュラルなブーケです。直線的なラインが、スタイリッシュな印象を与えます。

メリアブーケ

メリアブーケ

プリザーブドフラワーにした花弁を使い、この世に存在しないほどの大きさの花に仕上げた個性派ブーケです。様々な色を組み合わせて、オリジナルのフラワーを作れます。

バッグブーケ

バッグブーケ

ハンドバッグの形をしたブーケです。ハート型なども人気があり、アクセサリー感覚で持てるカジュアルブーケです。様々な種類の花を使うと、とても華やかになります。

バスケットブーケ

バスケットブーケ

野原に咲く花を摘んでバスケットに詰め込んだ様子をイメージしたブーケです。カジュアルで可愛らしい雰囲気です。

ボールブーケ

ボールブーケ

どこから見ても丸い、球状のブーケです。どの角度からも花がきれいに見え、ブーケを吊り下げる紐に指を掛けて使用します。和装のときは和花に組紐や房飾りをあしらって和風に仕上げ、「手鞠ブーケ」とも呼ばれます。

リースブーケ

リースブーケ

花冠のような輪の形をしたブーケです。輪の形にはエタニティ(永遠)の意味があり、新郎新婦の永遠の愛を誓うというメッセージが込められています。