結婚式場情報

ブーケ、ブートニアとは?



花嫁をより美しく見せてくれるウエディングブーケは、結婚式に欠かすことのできないアイテムのひとつです。ウエディングブーケの始まりと、新郎が身につけるブートニアの由来についても知っておきましょう。

ウエディングブーケ

ウエディングブーケ

ウエディングブーケとは、花嫁が手に持っている花束のことです。日本では、「ブーケ」という言葉そのものがブライダルブーケを指す場合が多いですが、もともとはフランス語で 「bouquet」とは「花束」 全般を意味しています。ウエディングブーケは「ブライダルブーケ」と呼ばれることもあり、生花で作られることが一般的。新郎新婦の希望によっては造花を使用することもあり、最近は生花を加工したプリザーブドフラワーを用いたブーケも人気です。造花やプリザーブドフラワーでブーケを作るメリットは、結婚式が終わってからも手元に残しておける点で、思い出の品を残しておきたいカップルにおすすめです。

ウエディングブーケの起源

ウエディングブーケの起源

ウエディングブーケの起源には諸説ありますが、その中から何点かご紹介します。

ひとつは、ウエディングブーケの始まりは「花冠」だという説です。今からおよそ200年前、19世紀前半のヨーロッパでは、花嫁は結婚式の際に白いギンコウバイ(別名ギンバイカ)とオレンジの花でつくった花冠を頭に乗せる風習があり、その花冠がウエディングブーケへと姿を変えて、結婚式に欠かせないアイテムとして世界中に広がりました。白いギンコウバイは純潔を意味し、オレンジはたくさんの実をつけることから、子宝に恵まれますようにとの願いが込められていたようです。

もうひとつは、男性が野花を摘んで花束を作り、それをプロポーズの際に愛する女性へプレゼントしたことがウエディングブーケの由来、との説です。ウエディングブーケは単に花嫁の象徴という意味だけでなく「花婿からのプロポーズの証」だともいえます。こちらについては、ブートニアの章でも詳しくご紹介します。

古くから伝わってきた多くの願いとともに、今や結婚式に欠かせないアイテムとなったウエディングブーケ。ドレスに身を包んだ花嫁の美しさを引き立てる重要な役割を担っています。

日本におけるウエディングブーケ

日本におけるウエディングブーケ

日本におけるウエディングブーケは、結婚式の洋式化が始まったころ、教会式やウエディングドレスの文化とともに入ってきました。最近は結婚式の衣裳に和装を選ぶカップルが増えていますが、それに伴って「ボールブーケ」「手鞠ブーケ」 といった着物に合う和風ブーケも登場しています。

ブートニア

ブートニア

ブートニアとは、新郎の胸に飾られた小さな花のことを指します。先ほど、男性が野花を摘んで花束を作り、それをプロポーズの際に愛する女性へプレゼントしたことがウエディングブーケの由来のひとつだとご紹介しました。この話には続きがあり、ブーケをプレゼントされた女性は、その中の一輪を抜いて男性の左胸のボタンホールに挿し、男性の愛を受け入れた証としました。これが、ブートニアの起源です。

ブートニアとはフランス語で「ボタンホール(襟穴)」を意味するため、花を上着の左胸のボタンホールに差すのが正式な方法ですが、最近はコサージュのように左衿に留める場合が多いようです。通常、ブートニアは新婦が持つブーケと同じ花材でコーディネートするため、ブーケの費用に含まれます。