結婚式場情報

似合うドレスの選び方



多かれ少なかれ、誰もが自分の体型に悩みを持っています。どんなウエディングドレスを選べば良いのか悩んだら、まずは自分の体型に似合いそうなドレスを手にとってみましょう。

体型をカバーしてくれるドレス選び

体型をカバーしてくれるドレス選び

たくさんあるウエディングドレスの中から運命の一着を決めるのは至難の業です。好きなデザインやテイストが絞り込めないという人は、自分の体型に似合いそうなデザインや、逆に着こなすのが難しそうなドレスを判断するのも良いかもしれません。自分の体型にお悩みの方は、ドレスを選ぶポイントやカバー方法などもチェックしてみましょう。

背が低い

背が低い

背の低いことをとお悩みの人には、ウエスト位置が高く、上半身の装飾がシンプルなドレスがおすすめです。また、ふんわりしたプリンセスラインのドレスやフリルをたくさんあしらった、可愛らしい印象のドレスは、小柄な方にぴったりのウエディングドレスです。ただし身長はヒールの靴でカバーできる場合も多いので、まずは好きなものを試着してみましょう。

例えばこんなドレス

小柄な人は、スカート丈が膝上のドレスをキュートに着こなせます。肩先を覆うようなデザインのフレンチスリーブも、可愛らしくておすすめです。

二の腕が気になる

二の腕が気になる

二の腕の太さが気になる人は、ついショールやボレロなどで腕を隠してしまいがちですが、思い切って肩の出るデザインを選んだほうがスッキリとして見えます。ドレスのデザインは下半身に向かって広がっていくAラインがおすすめです。スカートにレースや刺繍などを用いたボリュームのあるドレスを選び、ゲストの視線を下半身に向けましょう。

例えばこんなドレス

首の根元から袖の下までを斜めに大きくカットしたアメリカンスリーブやノースリーブのドレスで二の腕をあえて出してしまったほうが、逆に太さが気にならなくなります。

肩幅が広い

肩幅が広い

肩幅が広い人は、マーメイドラインのドレスは避けたほうが無難です。全体のシルエットが逆三角形になってしまい、肩幅がよけいに目立ってしまいます。胸元に大きなモチーフの付いたデザインやワンショルダー、片方の肩にだけポイントのあるデザインが良いでしょう。長いトレーン(スカートの引きずっている裾の部分)など、下半身にボリュームのあるドレスもおすすめです。

例えばこんなドレス

肩先まで大きく開いたデザインが特徴のオフショルダーは、鎖骨をキレイに見せてくれ、華奢な印象を与えます。

顔が大きい

顔が大きい

胸元が大きく開いたドレスを選ぶと、首と顔周りがすっきり見えます。また、胸元や袖に個性のあるデザインでそちらに視線を反らすのもおすすめです。ボリュームのあるヘアアレンジで小顔効果をプラスして下さい。

例えばこんなドレス

首元が四角くカットされたスクエアカットのデザインは、顔周りにシャープな印象を与えてくれます。深いVネックのドレスも小顔効果バツグンです。

肌の色が黒い

肌の色が黒い

小麦色の肌には、全体的にボリュームのあるデザインが似合います。また、純白ではなくオフホワイトやアイボリーといった色を選ぶと良いでしょう。

例えばこんなドレス

アイボリーよりもさらに黄みが強く、光沢を持ったシャンパンカラーのドレスがおすすめです。個性的な色なので、オシャレ度もアップします。