結婚式場情報

結婚式衣裳の組み合わせ



結婚式は豪華な衣裳を着られる希少な機会とあって、お色直しにこだわる花嫁は増加傾向にあります。1着目のウエディングドレスはもちろん重要ですが、2着目にどんな衣裳を選ぶのかが個性の見せどころです。新婦の衣裳が決まったら、新郎衣裳との相性もチェックしてみましょう。

お色直しの衣裳選び

お色直しの衣裳選び

結婚式での定番ともいえるお色直しですが、その衣裳選びに頭を悩ませる花嫁も少なくありません。2着目の衣裳の組み合わせをご紹介します。

カラードレス

カラードレス

2着目の衣裳として定番のカラードレスですが、似合うドレスを見つけるためには自分の肌の色や雰囲気を知ることが重要です。ふだんから自分が似合う色、好きな色がある人はそれをベースに試着すると良いでしょう。センスに自信がない人は、カラーコーディネーターなどプロのアドバイスを受けてみるのもおすすめです。

ホワイトドレス

ホワイトドレス

最近、オシャレな花嫁でトレンドとなっているのが、白から白へのお色直しです。例えば、スッキリとした大人っぽいウエディングドレスを着たあとに、シフォンたっぷりの少女をイメージさせるドレスへチェンジするなど。色のインパクトがないぶん、デザインやボリューム感でイメージを大きく変えるのが成功の秘訣です。

和装

和装

挙式と披露宴のスタート時はウエディングドレスで、お色直しの際に和装へとチェンジするパターンです。結婚式で使用する和装は色打ち掛けや引き振り袖が定番ですが、近年は凛とした印象の黒引き振り袖も人気を集めています。

また、神前式で挙式をした花嫁に人気なのは、挙式は白無垢、披露宴入場時は色打ち掛け、お色直しにウエディングドレス、というパターン。最近は、オーガンジー素材の打掛やパステルカラーの着物など、洋風に着こなせる「新和装」も注目を集めています。

同じドレスを小物でアレンジ

同じドレスを小物でアレンジ

運命の一着に出会ったなら、気に入ったウエディングドレスを着回す方法もあります。ヘアアレンジや小物で、違うイメージを完成させましょう。トレーンを着け外しできたりスカート丈を変えられたりといった2WAYタイプのドレスなら、アレンジの幅もさらに広がります。

新郎衣裳にも工夫を

新郎衣裳にも工夫を

花嫁の衣裳にばかり注目されがちなお色直しですが、新郎衣裳との相性にも気をつかえば、二人のオシャレ度がグンとアップします。

花嫁のドレスと相性の良い衣裳は

花嫁のドレスと相性の良い衣裳は

一般的に、衣裳を決める際はまず新婦のドレスを決定し、それに合わせるかたちで新郎衣裳を決めるカップルが多いようです。新婦のドレスと相性の良い衣裳を知り、ワンランク上の着こなしを目指して下さい。

ボリュームのあるホワイトドレス

ボリュームのあるホワイトドレス

プリセンスライン・ベルライン・Aラインなどボリュームのある白ドレスには、モーニングコートやフロックコートといった丈の長い衣裳で存在感をあらわしましょう。

タイトなラインのスレンダーなドレス

タイトなラインのスレンダーなドレス

プマーメイドライン・スレンダーライン・エンパイアラインなどスレンダーなシルエットのドレスには、重く見えないよう、丈の短いショートフロックやタキシードを合わせるのがおすすめです。

見た目が豪華なドレス

見た目が豪華なドレス

たっぷりのレースやシフォン、ビーズ刺しゅうなどが施してある豪華な雰囲気のドレスには、ダークなカラーや光沢のある素材の衣裳でクラシカルにまとめましょう。

ビビッドカラーのドレス

ビビッドカラーのドレス

レッド、ピンク、紫などはっきりとした色味のカラードレスには、同系色のものでダークカラーの衣裳を合わせるとしっくりまとまります。