結婚式場情報

結婚式のタイプ「人前式」



ここ数年、結婚式において人前式を選ぶカップルは増加傾向にあります。オリジナルの演出で参列者に結婚の報告を行なう人前式は、宗教色がなく二人の個性を表現しやすい挙式スタイル。参列者全員が立会人となるため、ゲストにとっても忘れられない結婚式となるでしょう。

人前式の特徴

人前式の特徴

宗教色のない挙式スタイルとして、近年人気を集めているのが人前式です。教会式や神前式と大きく違うのは、決められた儀式や式次第がなにもないこと。進行や誓いの言葉などすべてが自由なため、オリジナリティあふれる結婚式を望むカップルに支持されています。

人前式では、両親や親戚、友人の前で永遠の愛を誓い、参列者全員に立会人・証人となってもらいます。宣誓文の決まりもないので、自分たちの言葉で結婚を誓うことができます。司会進行は牧師や神主ではなく、参列者の中から立会人代表を立てるか、披露宴の司会者に依頼する方法があります。また、演出の内容にもよりますが、教会式や人前式と比べ、挙式費用を安く抑えられることもメリットのひとつです。

二人らしさと参列者への配慮を

二人らしさと参列者への配慮を

カジュアルになってしまうと思われがちな人前式ですが、演出次第でアットホームにも格調高い雰囲気にもアレンジできます。例えば、教会式に憧れるけれどキリスト教徒のまねごとのようで気が引けるという場合、式次第は教会式に則ったものにし、結婚の誓いは参列者に向けて行なうという方法もあります。自由度が高いがゆえ、その内容に悩んでしまうカップルも少なくありませんが、ウエディングプランナーなどプロの意見を参考にしながら、二人らしい世界にひとつだけのセレモニーをつくりあげてみてはいかがでしょう。

一方、人前式の歴史はまだ浅く、親世代には馴染みのない挙式スタイルであるため、お互いの両親には早い段階で二人が人前式を希望している旨を、一度相談しておくと良いでしょう。また、親戚の参列者が多い場合は、くだけすぎない内容にするなどの工夫が必要です。

人前式のルーツと日本における人前式

人前式のルーツと日本における人前式

現在の人前式のルーツは、カトリックの国であるフランスで行なわれてきたシビルウエディング(市民結婚式)にあります。フランスではもともと、法律上の婚姻と宗教上の婚姻の両方を行なう慣習があったため、まず始めに市民結婚式で婚姻届を提出し、その後に教会で挙式をするという方法が一般的でした。しかし、近年は市民結婚式のみを行なうというカップルが半数以上を占めています。

一方で、人前式は日本人にとって昔からなじみのある挙式スタイルであることはあまり知られていません。現在の神前式のスタイルは1900年(明治33年)に執り行なわれた大正天皇の結婚式が元となっており、それまでは自宅に客人を招いて結婚の報告を行なう人前式スタイルが一般的でした。特定の宗教を持たない人が多い日本において、人前式を選択するカップルが増えているのは自然なことなのかもしれません。

人前式の進行

人前式の進行

人前式にはこれといったルールがありませんが、ここでは一般的な内容についてご紹介します。

参列者入場
司会者と参列者が入場します。
開式挨拶
司会者が式の開始を宣言し、新郎新婦が入場します。
誓いの言葉
新郎新婦が誓いの言葉を朗読します。
婚姻届の署名
新郎新婦そろって婚姻届に署名します。
指輪の交換
新郎新婦が結婚指輪の交換を行ないます。
祝杯
二人の結婚を祝して、参列者全員で乾杯をします。