結婚式場情報

結婚式のタイプ「神前式」



日本の結婚式として昔から今に伝わる神前式は、親族とのつながりや日本文化を大切にしたいカップルから人気のある挙式スタイルです。もともとは家の近くの神社で執り行なうのが一般的でしたが、最近は神前式に対応できるホテルや結婚式場の数も多く、挙式後に披露宴を行なう際の利便性もあって、神社ではなく会場での挙式を選択するカップルが増えています。

神前式の特徴

神前式の特徴

新郎新婦と親族との絆を深めることに重きを置く神前式は、心の結びつきを大切にしたいと考えるカップルに人気のあるスタイルです。神前式には友人などが出席するケースはあまりなく、親類以外は挙式のあとの披露宴やパーティーから参加するかたちが一般的です。以前は神社などで行なわれることの多かった神前式ですが、最近はホテルや結婚式場につくられた専用施設でも行なうことができます。

もともと神前式は室町時代の武家の結婚式が起源とされていますが、今のようなかたちになったのは1900年(明治33年)のこと。大正天皇のご成婚を記念して、日比谷大神宮(現東京大神宮)で行なわれた結婚式のスタイルが始まりだと言われています。

以下では、神前式で着用する婚礼衣装についてご紹介します。

白無垢

白無垢

神前式で着用する白い花嫁衣裳です。打掛、掛下、帯、足袋、小物など、すべてを白一色でそろえます。古来の日本では、白は太陽の光の色、神聖な色とされていたことから、結婚の際に白無垢を着用するようになりました。

綿帽子・角隠し

綿帽子・角隠し

白無垢を着る際、頭の上にやや深めに被る白い布のことです。綿帽子は額まで覆いかぶさる大きさの布を袋状に仕立てたもので、角隠しは長方形の白絹を髪に留められる状態になったものを指します。

黒引き振袖

黒引き振袖

白無垢と同様に婚礼の正装であり、挙式にも披露宴にも着用できます。黒引き振袖の歴史は白無垢よりも古く、武家の婚礼衣裳として、江戸後期から昭和初期まで一般的な花嫁衣装として使われていました。

神前式の進行

神前式の進行

神前式では新郎新婦の両側に親族が分かれ対面で着席するので、両家の顔を見ながら式が進行されます。雅楽の音色が、厳かな気持ちを一層引き立ててくれます。

斎主斎員、参列者入場・着席
神座に向かって右が新郎側、左が新婦側です。神座に近いほうから、父母、兄弟、親族の順に着席します。
修祓(しゅうふつ)の儀
災厄や心身の汚れを清めるおはらいの儀式です。一同起立して頭を下げます。
献饌(けんせん)の儀
斎主が神前の神饌案(神饌をのせる机)に、塩やお米などを供えます。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
全員が起立し、斎主が二人の結婚を神に報告します。
三献(さんこん)の儀
「三三九度の杯」とも呼ばれる儀式です。新郎新婦が交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の契りを結びます。
誓詞(せいし)奏上
新郎新婦が夫婦になったことを神前で誓います。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
挙式が滞りなく終わった感謝を込め、神様へ玉串を捧げて拝礼します。
寿の舞
太鼓や笛などに合わせて踊ります。
親族杯の儀
結婚による新たな親族の誕生を祝います。両家の親族がそろってお神酒をいただき、絆を固めます。
退場
斎主の後に新郎新婦、参列者の順で退場します。