結婚式場情報

結婚式のタイプ「教会式」



挙式の中で一番人気が高いのが教会式です。教会式を選んだカップルはほとんどの場合、ホテルや結婚式場のチャペルで行ないます。キリスト教の未信者であっても、希望すれば町の教会で式を挙げることができますが、宗派により制約がある場合があります。

教会式の特徴

教会式の特徴

教会式とはキリスト教式の結婚式のことですが、日本では宗教にこだわらずに教会式を選ぶカップルがほとんどです。町の教会で式を挙げることもできますが、その教会の宗派によっては、事前に結婚講座を受けたり礼拝に通う必要があったりするため、一般的にはホテルや結婚式場内に設けられた専用のチャペルで行ないます。

教会式はセレモニー内に様々な演出を取り入れることができるため、それも人気の理由のひとつとなっています。ここでは、教会式を行なう際に知っておきたいキーワードについてご紹介します。

バージンロード

バージンロード

花嫁が父親に導かれて歩く、教会の入り口から教壇までの通路のことです。花嫁の純潔さを象徴しており、参列者は入場の際バージンロードに立ち入らないよう注意します。

ウエディングベール

ウエディングベール

ウエディングベールは、花嫁を邪悪なものから身を守るためのアイテムです。挙式の際に新郎が新婦のベールをたくし上げてキスをする儀式には、二人の間の壁を取り払うという意味が込められています。

リングピロー

リングピロー

リングピローとは、結婚式の際に結婚指輪を乗せるクッションのことです。小さな子どもにリングを運んでもらう「リングボーイ」「リングガール」という演出もあります。

ライスシャワー・フラワーシャワー

ライスシャワー・フラワーシャワー

挙式後、新郎新婦が教会の外に出てくる際に、参列者が新郎新婦にお米や花びらを浴びせるセレモニーです。ライスシャワーには「豊かな日々が送れますように」「子宝に恵まれますように」という意味が、フラワーシャワーには「悪魔から守る、お清めをする」という意味が込められています。

ブーケトス

ブーケトス

未婚女性のゲストに向け、花嫁が後ろ向きでブーケを投げる演出です。ブーケを受け取った女性は次の花嫁になれると言われています。

教会式の進行

教会式の進行

式の進行は宗派が違ってもあまり変わりませんが、使用する名称が異なります。例えば、カトリックでは「聖歌」、プロテスタントでは「賛美歌」。カトリックでは「神父」プロテスタントでは「牧師」となります。バージンロードの色も、カトリックは赤い絨毯でプロテスタントは白い布という決まりがありますが、ホテルや結婚式場のチャペルでは宗派にこだわらずデザインなどにより決められることが多いようです。

ホテルや式場のチャペルで行なう挙式にかかる時間は20~30分ほどです。挙式当日にリハーサルの時間が設けられていることが多く、牧師(神父)との顔合わせをしたあとに入場から退場までの流れを確認します。

参列者入場・着席
先に参列者が入場します。祭壇に向かって右側に新郎関係者、左側に新婦関係者が着席します。
新郎入場
新郎が祭壇の右側から入場します。
新婦入場
チャペルの入口から新婦と父親が入場し、祭壇の前で父親が新郎に新婦を引き渡します。参列者は起立してそれを見守ります。
讃美歌(聖歌)合唱
全員起立したまま讃美歌を歌います。歌い終わったら着席します。
聖書朗読・祈祷
牧師が聖書の一節を朗読し、新郎新婦のため神に祈りをささげます。
誓約式
牧師が新郎新婦に結婚の誓いを求め、新郎新婦は参列者の前で結婚を誓います。
結婚指輪の交換
牧師の祝福を受けた指輪を、お互いの左手薬指にはめます。
祈祷・宣言
新郎新婦の右手を重ねた上に牧師が手を置き、神の恵みがあるよう祈ります。
新郎新婦退場
新郎新婦が腕を組み、バージンロードを歩いて退場します。