結婚式場情報

あなたにぴったりの結婚式は?



結婚式は、二人の結びつきをあらわす大切な儀式です。近年は挙式のスタイルもますます多様化していますが、大切なのは二人らしさを表現すること。ただし、挙式においてはお互いの宗教観が関わってきますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

思い出に残る挙式を

海外ウエディングの魅力とは

「挙式」とは結婚の儀式のことを指し、キリスト教に基づいた教会式、神道に基づいた神前式、仏教に基づいた仏前式といった宗教理念をあらわしたスタイルに加え、最近では、宗教を介さない人前式も人気です。

日本の場合は、宗教に対してこだわりを持つ人が少ないという背景もあり、チャペルで式を挙げたいから教会式、白無垢が着たいから神前式、といった選び方をするカップルがほとんどです。

挙式のあとは会場を移動して披露宴を行なうのが一般的ですが、近年は挙式のみで披露宴を行なわないカップルも増えています。そういった場合、ホテルや専門式場の挙式会場を使用する方法のほか、挙式と写真撮影のみを専門に扱っている施設を利用する方法もあります。

結婚式を行なう理由

結婚式を行なう理由

「結婚は第二の人生のスタート」ともいわれるように、二人で新たな生活を始めるにあたり、けじめとして行なうのが「結婚式」です。新郎新婦の結婚によって、今まで結びつきのなかった人たちに縁が生まれ新しい家族が誕生します。様々なスタイルの式がありますが、いずれのスタイルも「家と家が重なるための儀式」となります。親族や親しい友人に囲まれながら、新しい家族の結びつきを感じて下さい。

また、親にとって、子どもの結婚式は子育ての終了式でもあります。結婚式は、一番自然なかたちで両親に感謝を伝えられる場所。我が子の花婿姿、花嫁姿を見たいと思う親の気持ちに応えるのも、ひとつの親孝行です。

結婚式は、たくさんの親しい方々に囲まれながら自分たちが主役として過ごすかけがえのない1日。数々のお祝いの言葉や感動のシーンは、後にきっと素敵な思い出となって二人の結婚生活を彩ってくれるはずです。

日本における挙式の歴史

日本における挙式の歴史

古来、日本では長らく通い婚が主流でしたが、鎌倉時代に入ると女性が男性の家へ嫁ぐことが多くなりました。そのころから婚礼についての作法や決まりができ始め、日本の結婚式の原型である「祝言」が行なわれるようになったといわれています。

江戸時代を迎えるころには、祝言は現在の神前式と人前式を合わせたような形へと変わっていき、大正時代には現在のような神前式のスタイルが定着していきました。時を同じくして一般社会には西洋文化が広まり始め、それに伴って諸外国の婚礼の様子が伝わってくるようになると、国内のあちこちに結婚式用の教会やチャペルが登場し、多くの女性がウエディングドレスに身を包むようになりました。

現在は結婚式の幅がさらに広がり、ホテルや専門式場といった結婚関連施設で様々なスタイルの挙式を執り行なうことができます。日本においては、その背景にある宗教について重きを置かないケースが多いのですが、結婚式によって二人の結びつきをあらわし、新たな門出を迎えられたことを感謝したいとの思いは、昔から変わらないものだといえるでしょう。