結婚式場情報

結婚式会場の選び方
①タイプにより異なるメリット



ホテルやレストラン、専門式場など、世の中には様々な結婚式会場があり、会場選びについて悩むカップルも少なくありません。それぞれの良さを知り、自分たちの理想のウエディングを叶えられる場所を選びましょう。

それぞれの会場の良さとは

それぞれの会場の良さとは

結婚式・披露宴は、二人の個性を思い切り発揮できる場です。一方で、親類の要望や予算、ゲストの人数なども考慮しなければいけません。そこで重要となってくるのが、結婚式・披露宴を行なう会場選び。自分たちの希望とその他の事情が合致するような場所を探しましょう。

まずは、雑誌やインターネットで情報を集めることからスタートして、二人で具体的なイメージを固めていきましょう。一口に結婚式といっても会場のタイプは様々です。それぞれのメリットを知って、自分たちにぴったりの結婚式を実現してください。

ホテル

ホテル

ホテルで結婚式を行なうメリットは、少人数のパーティーや数多くのゲストを招いての披露宴など、規模感に合わせた会場が選べることです。また、一流のおもてなしでゲストに安心感を与えてくれます。

レストラン

レストラン

近年人気の高まりを見せるレストランウエディングは、美味しい料理でゲストをもてなしたい二人にぴったりです。ウエディングパーティーを行なう際は、貸し切りとなる場合がほとんどです。レストランの規模によって収容人数が限られるので、事前の確認を心がけましょう。

専門式場

専門式場

挙式・披露宴を専門に行なう専門式場はサポート体制が充実しているので細部のこだわりまで二人の希望を叶えてくれます。大聖堂チャペルや本格神殿などの挙式施設の豪華さもメリットのひとつです。

ゲストハウス

ゲストハウス

邸宅などのゲストハウスで挙げるウエディングは、自宅で開くパーティーのようなアットホームな雰囲気が魅力です。ガーデンやテラス、プール付きの会場なら、演出の幅も広がります。

その他の会場

その他の会場

近年、ウエディングのスタイルはますます多様化しています。二人で話し合って最適な方法を選びましょう。

チャペルや教会で挙式のみを行なう

チャペルや教会で挙式のみを行なう

披露宴は行なわず、挙式のみを行なうスタイルです。二人のどちらかがキリスト教徒であれば、信仰に基づいて街の教会で挙式を行なうことができます。その他には、ホテルや専門式場などに設けられているチャペルで式を挙げる方法や、最近では安価に挙式と写真撮影のみを行なえる専用のチャペルも登場しています。

神社仏閣での挙式

神社仏閣での挙式

日本文化の伝統回帰が静かなブームという背景もあり、「日本人らしい結婚式を」と希望するカップルが増えています。結婚式を神前・仏前で行なう場合、その施設の規模により、境内の施設で披露宴を行なえる場合と披露宴のために別の会場へ移動する方法があります。

料亭

料亭

料理の質にこだわりたいカップルや、比較的小規模な式を希望するカップルから支持されています。人前式や近隣寺社での挙式を含めたプランを用意している料亭もあります。

下見の際にチェックすること

下見の際にチェックすること

結婚式会場・披露宴会場の候補をいくつか絞り込んだら、必ず下見に行きましょう。写真などで見るのと実際に訪れるのとではイメージが大きく違います。会場全体の雰囲気やスタッフの応対、交通アクセスの良さなど、実際に足を運んでみないとわからないことがたくさんあります。

また、ホテルや専門会場など定期的にブライダルフェアを開催している場所であれば、ぜひ参加してみましょう。結婚の相談や会場見学だけでなく、ウエディングドレスの試着や披露宴で提供される料理を試食できる場合もあります。その会場が気に入れば簡単な見積を出してもらうのも良いでしょう。最後に、会場の下見の際に抑えておきたいチェックポイントをご紹介します。

交通アクセス

交通アクセス

特に、遠方からのゲストや年配の方が多い場合は要注意です。送迎バスの有無や宿泊者への対応ができるかなども確認しておきたい項目です。

料理内容

料理内容

ブライダルフェアなどで試食をするか、レストランであれば実際にお客様として来訪しましょう。二人の希望を取り入れてもらえるか、アレルギー対応は可能かも聞いておきましょう。

スタッフの雰囲気

スタッフの雰囲気

一生に一度の結婚式ですので、信頼のおける人にお願いしたいと思うカップルは多いと思います。会場を訪れた際は、担当スタッフだけでなく他のスタッフの様子やスタッフ同士の雰囲気もチェックしてみましょう。特に言葉遣いや身だしなみは、式当日のゲスト対応においてとても重要になります。