結婚式場情報

似合う結婚指輪・婚約指輪の選び方



結婚指輪や婚約指輪に対して具体的なイメージを抱いていない場合は、自分たちに似合うリングをセレクトするのもひとつの方法です。どんなタイプが似合うのかわからない場合は、ショップスタッフに気軽に質問をしてみましょう。

似合う指輪を選ぶコツ

似合う指輪を選ぶコツ

高価な指輪を買う前に、自分たちの手指に似合う指輪のタイプを知っておくのも良いでしょう。とはいえ、そればかりにこだわる必要はありません。指輪が似合うかどうかは、全体のバランスが重要です。指輪を試着する際は全身が映る鏡で確認し、プロが的確にアドバイスできるよう、ショップには普段の服装で足を運びましょう。

大きい手、長い指

大きい手、長い指

比較的どんなデザインも似合います。特に、ボリュームがある華やかなタイプの指輪との相性が良く、指先をさらに美しく演出してくれるでしょう。細くて華奢なデザインを希望する場合は、結婚指輪との重ね付けなどでボリューム感を出すのがおすすめです。

小さい手、短い指

小さい手、短い指

短い指は、V字やU字ラインのデザインがおすすめです。指の付け根の位置をずらすことで、長い指に見える効果を狙います。ウェーブラインのリングも、アームの動きによって長さをカモフラージュできそうです。アームにボリュームがあり、ラインがストレートになっているリングは指が短く見えてしまいます。

関節が太い指

関節が太い指

シンプルなものより変化のあるデザインの方が、関節の太さやゴツゴツ感をカモフラージュしてくれます。このタイプは関節に合わせて指輪のサイズを決めるため指の根元がゆるくてリングが回転してしまう人が多いのですが、そういった場合はエタニティリングのような正面が決まっていないデザインを選ぶと良いでしょう。

日焼け肌

日焼け肌

健康的な小麦色にプラチナやホワイトゴールドを合わせると肌色がくすんで見えると気にする人も多くいますが、日焼け肌の人は、プラチナよりもゴールドの方が似合います。ゴールドだけのリングはもちろん、プラチナとゴールドのコンビでも大きく印象が変わります。男性側がゴールドのリングに抵抗がある場合は、デザインを同じにして男性はプラチナ製、女性はゴールド製にするという方法もあります。

ふくよかな手

ふくよかな手

女性らしく柔らかな印象を与えるふくよかな手ですが、「指輪をすると食い込んでいるように見えてしまう」という悩みを持つ人も多いようです。ふくよかな手には、少しボリュームがあるリングがバランス良く見えます。適度なボリューム感があり、女性らしいデザインのものが良いでしょう。一方、華奢なものや直線的なラインのリングはふくよかさを目立たせてしまうので避けた方が無難です。

水かきがある

水かきがある

水かきがある分、指輪が指の根元まで下りず実際よりも指が短く見えてしまうタイプです。V字ラインやU字ラインのリングなど、なるべく指の根元深くにラインが来るデザインがおすすめです。また、ウェーブラインのリングなら、アームの波型が根元のラインを下げて見せてくれる効果が期待できるので、指が本来の長さを演出できます。