結婚式場情報

新生活までの主な流れ ③家具をそろえる



これから始まる新生活を想像しながらの家具選びは楽しいものですが、それぞれのこだわりが強いあまり、家具選びが難航するカップルも少なくありません。二人暮らしのスタートだからこそ、お互いに納得して気持ちの良い買い物をしたいもの。どうしても意見がまとまらない場合は最低限必要な家具のみを購入し、住み始めてから徐々に必要なものを買いそろえていくのもひとつの方法です。

家具を選ぶ前に二人で話し合おう

家具を選ぶ前に二人で話し合おう

家具選びは快適な住まいづくりに欠かせません。お互い心地よく暮らすために、まずは二人の好みやインテリアに関するこだわりについて理解し合うことから始めましょう。話し合いが不十分なまま気に入った家具を次々に買ってしまうと、いざ部屋に並べた際にちぐはぐな印象になってしまいます。部屋全体のトータルコーディネートを念頭に置いて家具を選ぶことが、快適な空間への近道です。

二人の意見がまとまったからと言っていきなり家具店へ足を運ぶことはせず、まずは新居の様々なサイズを細かく測ることからスタートしましょう。間取り図に部屋のサイズを記入し、それをもとに必要な家具を図面に書き込んでみるとイメージがつかみやすいです。部屋の広さや間取りの都合だけでなく、動線に無理のない配置になっていないかをチェックすることも忘れないようにしましょう。

家具は実際に見て触れて選びたい

家具は実際に見て触れて選びたい

家具を扱うネットショップや通信販売はたくさんありますが、長くつきあうものだからこそ、実際に見て触れて選びたいものです。インターネットやカタログでは分からない、細かな仕様や使い心地を確かめられるのも実店舗のメリットです。特にソファやベッドの下見は必須。座り心地・寝心地を吟味し、二人の好みに合ったものを購入しましょう。

限られたスペースを有効に使うためには、例えば伸長式テーブルなどの便利な機能が付いた家具や、スリムながらも収納力のあるチェストなどを選ぶと良いでしょう。何もない部屋は広く見えますが、実際に大きな家具が入ると想像以上に部屋が狭く感じるので、あまり圧迫感を感じさせない家具を選ぶと良いでしょう。

徐々に家具を買いそろえるのも楽しい

徐々に家具を買いそろえるのも楽しい

最初にすべての家具をそろえるのも良いですが、実際に二人の生活が始まると「もっとこういう家具にすれば良かった」という面が出てくるかもしれません。どちらかにひとり暮らしの経験があるなど、使用できる家具があるならとりあえずはそれらを新居で使用し、変化するライフスタイルに応じて必要な家具を徐々に買い足していくのも賢い選択です。そうすることで一つひとつの家具をこだわって選ぶことができますし、新生活に関する初期費用を抑えられるのも大きなメリットです。また、時間をかけてグレードの高い家具を購入することも可能です。最近はリーズナブルな価格の家具もたくさん販売されているので、二人で話し合い、お金をかけるべきところとそうでないもののメリハリをつけながら家具をそろえましょう。