結婚式場情報

新婚旅行でよくあるトラブル回避法



とあるアンケートによると、新婚旅行でトラブルにあったと答えたカップルの数は約半数。行き先が海外の場合はその数も多くなる傾向にあります。海外旅行時に気をつけたいのは、日本とは違う国だという認識を強く持つこと。少しの心がけで防げるトラブルはたくさんあります。それでもトラブルに遭遇してしまったら、できるだけ早くしかるべき窓口に連絡しましょう。

日本大使館・領事館の電話番号は控えておく

日本大使館・領事館の電話番号は控えておく

出国前に必ず控えておきたいのは、現地にある日本大使館もしくは領事館の電話番号です。トラブルが起きた際に現地の警察に駆け込んでも取り合ってもらえないことは少なくありません。スリや強盗・盗難など犯罪に遭ってしまった時は、まず日本大使館に連絡をし、クレジットカードやキャッシュカードの停止手続きを行ないます。また、海外旅行保険に加入している場合は、保険会社の連絡先も忘れずにメモしておきましょう。

海外旅行のトラブルとして挙げられることの多い「ロストバゲージ」は、飛行機に搭乗する際に預けた荷物が行方不明になってしまうことを指します。このトラブルを回避する対策としては、自身の名前と連絡先を記入したネームタグを取り付けておくことと、古いタグは必ず取り外しておくこと。前回の旅行のクレームタグが付いたままになっていると、ロストバゲージの原因になることがあります。

重要なのは危険に対する意識を高めておくこと

重要なのは危険に対する意識を高めておくこと

トラブルを回避するうえで一番重要なのは、危険に対する意識を高めておくことです。海外では一般的に日本人は危険に対する認識が低いと思われており、気軽に危険地帯に近づいたり現地の人を信用したりした結果、トラブルに遭う事が少なくありません。日本とは違うという意識を強く持ち、出発前に現地の状況を確認しておくことも忘れないでください。

実践的な対策としては、貴重品を分散して管理することが有効です。外出時に大金を持ち歩くことは避け、必要最低限のお金を安全な場所にしまっておきましょう。むやみに財布を広げたり、適当な場所にバッグを置きっぱなしにしたりすることも危険です。また、お釣りの受け渡し時や両替の際は、受け取ったお金をしっかり確認してください。なお、よほど治安の良い地域でない限り、夜中に出歩くのは避けましょう。

体調管理を万全にして楽しい旅を

体調管理を万全にして楽しい旅を

犯罪に巻き込まれることだけが旅行のトラブルではありません。海外旅行では特に、体調管理に注意を払うことがとても重要です。海外で飲食する際は、腹痛やその他の病気を引き起こす原因となるため、生水や氷は避けた方が賢明です。また、楽しい旅行とはいえ休息も必要です。飛行機内ではあまり眠れないという人も多いですが、アイマスクやピローなどを用意し、休めるときにしっかりと睡眠を取ってください。また、頭痛薬や胃薬など、常備薬は多めに用意しておくと安心です。

海外旅行保険の加入は必ずしも必要ではないものの、旅行中に体調を崩した際に心強いことは間違いありません。わざわざ新たに加入しなくても、手持ちのクレジットカードなどに海外旅行保険が付帯しているケースも多いので、一度確認してみましょう。