結婚式場情報

新婚旅行のおみやげ購入術



通常の旅行とは違い、おみやげを渡す相手が多い新婚旅行。結婚式の際にお世話になった人はもちろん、新しい生活を迎える上で今後お世話になる人たちにも用意をしておきたいものです。一つひとつの金額は大きくなくとも、用意しなければならない数が多くなってしまうので、予想以上におみやげの費用がかかったというカップルが多いようです。

忘れてはいけないおみやげ代

忘れてはいけないおみやげ代

新婚旅行にかかる費用で忘れがちなのがおみやげ代です。新婚旅行のおみやげは結婚のあいさつも兼ねて渡すものなので、結婚式の時にお祝いを頂いた方はもちろん、これからお世話になる方などへ用意することも必要です。

新婚旅行のおみやげ代は平均で11万円となっており、あらかじめおみやげ代を用意しておかないと現地でお金が足りず困ってしまう場合もあります。また、路面店や屋台などでは、クレジットカードが使えないお店も少なくありません。ただ、おみやげ探しに夢中になりすぎると旅行を楽しむどころではなくなってしまうので、ほどほどにしましょう。

あらかじめおみやげリストを作っておこう

あらかじめおみやげリストを作っておこう

旅行先ではついおみやげを買いすぎてしまうもの。しかし、おみやげが多すぎたために帰国時の飛行機内へ荷物を預ける際に超過料金が発生してしまう場合もあります。逆に、いざ帰国してみたらおみやげが足りなかったというケースもよくある失敗談。現地で誰におみやげを渡すのかを考えながら買い物をしていると買い忘れの原因にもなるので、それらを防止するためにも、出発前にあらかじめおみやげを贈る人のリストを作っておくと良いでしょう。

また、旅の前半でおみやげを買うと荷物になるから、旅の終盤にまとめて購入するつもりでいたけれど、帰る間際になっておみやげを買えるお店がない、という場合も想定されます。ツアーなどではおみやげを購入する時間が設けられていることがありますが、スケジュールがずれてしまい予定が削られてしまうこともあるので、注意が必要です。

「海外みやげの宅配サービス」に注目

「海外みやげの宅配サービス」に注目

おみやげについて頭を悩ませるカップルが多い中、最近人気を集めているのが海外みやげの宅配サービスです。旅行前や帰国直後に落ち着いておみやげを選ぶことができるので買いすぎやおみやげが足りないという事態を防げる他、旅行中に大量のおみやげを持って移動する必要もありません。

また、おみやげの品として喜ばれやすいお酒は、1本760mlのお酒を3本以上国内に持込む場合は課税対象の手続きが必要となりますし、おみやげの定番として人気の高いチョコレートも、スーツケースに入れていたら一度溶けて固まっていた、箱が潰れてしまっていたという失敗談もよく耳にします。そういったトラブルを回避する意味でも、海外みやげの宅配サービスを利用する価値はありそうです。

せっかくの新婚旅行なのに、おみやげ選びだけで疲れてしまった、という事態は避けたいもの。現地で購入するのは自分たちへのアイテムや親しい友人、家族、結婚の際にお世話になった人たちなどのおみやげに限定し、他は便利なサービスを賢く利用するのもひとつの方法です。