結婚式場情報

新婚旅行先の選び方 ②日数で選ぶ



新婚旅行とはいえ、二人の都合や仕事によって長い休みを確保するのが難しい場合もあります。日数が少ないからと諦めず、短い期間でも旅行内容を充実させる方法について考えるのも新婚旅行を計画する楽しみのひとつです。長期の休みが確保できたカップルは、たくさんの選択肢の中からベストな旅先を見つけて下さい。物事の優先順位を決め、二人で納得しながら進めましょう。

短い期間でも楽しみ方色々

短い期間でも楽しみ方色々

限りある旅行日数をどう過ごしたいかによって旅行先は変わってきます。短い期間でもゆっくりしたいなら国内の近い場所、海外が良いけれどなるべく時間を無駄にしたくないのなら時差の少ないところ、長期休みを確保できるなら思い切って遠くへ旅行するのも良いでしょう。海外を希望する場合は、最低でも4日以上は確保しておいたほうがベターです。

短い期間をリッチな気分で過ごす

短い期間をリッチな気分で過ごす

3~4日なら、国内の近場でゆっくりできる内容が現実的。温泉地の高級旅館やリゾートホテルのスイートルームなどでリッチな気分に浸ってみるのも良いでしょう。沖縄本島なら、ビーチでのんびり過ごしたりマリンスポーツやゴルフに興じたり、遺跡ツアーや買いものなど楽しい時間が過ごせます。少ない日数でも海外を満喫したいというカップルには、日本から約3時間半で到着するグアムへの渡航がおすすめです。

限られた時間でハネムーンらしい思い出を

限られた時間でハネムーンらしい思い出を

5~6日間の日程なら、少し離れた場所への海外旅行も可能です。例えばハネムーンの定番であるハワイなら、ディナークルーズや夜景のキレイなレストランでの食事などハネムーンらしいロマンティックな思い出をつくることができます。同じく人気の高いオーストラリアは、温暖なケアンズや便利なゴールドコーストなどの観光地をめぐりましょう。時差が少ないので体の負担も軽くて済みます。

近さとリーズナブルな価格が人気のグアムやサイパンで、ゆっくり豪華に過ごすハネムーンもおすすめ。ハイクラスなホテルや豪華な食事など、滞在中の暮らしに費用を割くことで、短い期間でも満足度の高い旅になるはずです。

長期間の旅行にしかできない内容をチョイス

長期間の旅行にしかできない内容をチョイス

7日間以上の期間をあてられるなら、旅行先の選択肢はぐっと広がります。定番のハワイも、ホノルルの滞在に限らず、自由になれる日程を生かしてハワイ島など離島へ足を伸ばすプランもおすすめです。キラウエア火山の散策や、マウナケア山頂からの天体観測など、ハワイの雄大な自然に圧倒されることでしょう。

多くの国が集まっているヨーロッパを旅するなら、できれば8日間以上の日程を確保しましょう。様々な国や都市を巡る周遊の旅や、季節によっては北欧のオーロラ体験なども人気の高いプランです。

地球の裏側の南米まで足を伸ばして遺跡観光を行なうなら、ぜひ8日間以上の日程で訪れましょう。ペルーの空中都市マチュピチュ遺跡や、かつてインカ帝国の首都として栄えたクスコなど、歴史を感じる景観に触れることができます。