結婚式場情報

今どき新婚旅行事情



結婚の準備とともに進めておきたい新婚旅行の計画。近年は、一生に一度だからと豪華な旅行を希望するカップルが増加傾向にある一方で、自分たちらしさを重視して旅行先を選ぶケースも少なくありません。二人にぴったりのハネムーンで思い出に残る時間を過ごせるよう、しっかりと計画を立てましょう。

新婚旅行は豪華主義のカップルが増加

新婚旅行は豪華主義のカップルが増加

結婚準備が一段落したら、新婚旅行の計画を立て始めるカップルも多いはず。近年は、結婚式にかかる費用をうまく節約しながら、その分の資金を新婚旅行にあてて豪華なハネムーンを楽しむカップルが多い傾向にあります。以前は結婚式の直後に新婚旅行へでかけるケースがほとんどだったものの、最近はお互いの仕事の都合や旅行先のベストシーズンに合わせるため、結婚式から時間をおいてハネムーンへ出かけるカップルが増えています。

豪華主義を掲げるカップルの増加から、近年の旅行先はヨーロッパが人気。なお、定番のリゾート地であるハワイは、新婚旅行先として今も昔も不動の人気を誇っています。他にも、豪華客船による世界一周旅行や大陸横断鉄道による列車の旅といった様々なハネムーン商品が登場しています。

一方、格安航空券を利用して旅行費用をリーズナブルに抑えたり、短期間の休みを国内の旅行先で過ごしたりと、新婚旅行のかたちも多様化しています。流行や周囲の意見に流されず、二人でしっかりと話し合い、思い出に残る時間を過ごすことが大切だと言えるでしょう。

新婚旅行を実施するカップルは約8割以上

新婚旅行を実施するカップルは約8割以上

最新のアンケートによると、新婚旅行を実施するカップルは実に約8割以上。やはり人生の一大イベントでもある結婚において、思い出に残る新婚旅行は外せないようです。海外ウエディングの人気の高まりから、結婚式と新婚旅行を同時に行なうカップルも多数。ハワイはもちろんのこと、インドネシアやフィリピンなどの東南アジアのリゾート地も人気です。不安定な海外情勢もあり新婚旅行先に国内を選ぶカップルが多くなった時期もありましたが、最近は円高の傾向も受け海外でゆったりした時間を過ごしたいと希望するケースが増えています。

以前は、新婚旅行の費用を新郎側が負担する場合が多く見られましたが、共働きのカップルが増えた背景もあって、結婚式と同様、二人で費用を負担するケースがほとんどです。旅行先では食事代やみやげもの代など、思いがけない出費がかさむもの。金額的に無理のない範囲で楽しめるよう、余裕を持って計画を立てることが大切です。

日本における新婚旅行の歴史

日本における新婚旅行の歴史

日本で初めて新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻であるという説が有力ですが、その頃はまだ新婚旅行が一般的ではありませんでした。大正から昭和の頃になると一般大衆にも新婚旅行の習慣が広がり始め、1967年(昭和42年)~1972年(昭和47年)には、新婚旅行客に向けた臨時急行列車「ことぶき」号が大阪~宮崎間を運行していました。その後、所得水準の向上などを受け海外指向が急速に広がり、ハワイをはじめ海外を新婚旅行先に選ぶケースが増加しました。

ちなみに、新婚旅行の英語名である「ハネムーン」は、蜂蜜を意味する「ハニー」と月をあらわす「ムーン」を掛け合わせた造語です。古代から中世にかけてのヨーロッパでは、精力増強効果への期待とミツバチの多産にあやかって、新婚家庭の花婿に蜂蜜酒を贈る習慣があり、そこから「ハネムーン」の言葉が生まれたと伝えられています。