結婚式場情報

結婚式のギフトを決める



結婚式に必要となるギフトには、「引出物」「引菓子」「親へのギフト」「プチギフト」などがあります。リングボーイやベールガールとして活躍してくれた子どもや、ブライズメイドとして支えてくれた友人たちへもギフトを用意しておくと良いでしょう。

引出物

引出物

披露宴の出席者に贈るメインの品物を「引出物」と言いますが、地域によってはその土地の特産品や縁起物を「しきたり品」として用意する場合があり、引出物としきたり品、引菓子の総称として「引出物」と呼ぶこともあります。

引出物にかける費用は地域によってかなりの違いがあるため、それぞれの実家が遠い場合など地域性によって両家の考え方が異なる場合は、別々の引出物を用意するなどの対応が必要になるかもしれません。両家の意見を尊重しながら、トラブルのないように進めましょう。

引出物に関する最新事情

引出物

参加したゲスト全員に同じ引出物を用意するのではなく、ゲストの性別や家族構成、年齢などから、それぞれに合った品を贈り分けるのが最近のトレンドです。例えば昔から引出物の定番アイテムである食器類であれば、若いゲストには実用性が高い食器が多めにセットになったギフトを、年配のゲストには有名ブランドのペアカップを、といった具合に選ぶと良いでしょう。

一方、ほしいアイテムをゲスト自らが選べる「カタログ式ギフト」を選ぶカップルも増えています。引出物を渡す際にはカタログ1冊で済むため軽くてかさばらず、ゲストの移動の負担になりません。また、金額の異なるカタログであっても見た目には分からないため他のゲストに気を遣うことなく贈り分けできることもメリットです。

引菓子

引出物

引出物とともに用意する「引菓子」は、結婚する二人の幸せをゲストの家族に持ち帰ってもらうといった意味を込め、日持ちするお菓子を贈ります。

バームクーヘンは、木の年輪のような断面が「長寿」や「繁栄」をイメージさせることから、引菓子の定番アイテムとなっています。有名パティスリーのクッキーやフルーツケーキがセットになったギフトも、ゲストからも喜ばれやすい引菓子です。

和菓子の場合は、米粉に水飴や砂糖を混ぜて乾燥させた「落雁(らくがん)」や、紅白まんじゅう、金平糖などが一般的です。あられやせんべいなら甘いものが苦手な人も大丈夫です。

親へのギフト

親へのギフト

披露宴の終盤に、花束とともに贈る両親へのプレゼントも事前に用意しておきましょう。新郎新婦が生まれたときの体重を再現した「ウエイトドール」や、小さな頃からの写真をまとめたフォトブックは、定番ながらも感謝の気持ちをしっかり伝えることができるアイテムです。旅行券や食事券などをプレゼントして両親に二人の時間を楽しんでもらうよう演出したり、この日のためにつくったオリジナルアイテムを贈ったりしても喜ばれるでしょう。

プチギフト

プチギフト

プチギフトとは、披露宴が終わってゲストが退場する際に、出口で待つ新郎新婦が一人ひとりのゲストを見送りながら手渡すプレゼントのことです。ひとりあたり300円~500円のものを用意するのが一般的で、クッキーやキャンディなどのお菓子、入浴剤・石けんなどのバスグッズやインテリア小物などの生活雑貨、ハンカチやタオルといった実用品を贈ることが多いようです。