結婚式場情報

結婚式の内容を決める



挙式スタイルや披露宴の内容など、結婚式について具体的に決めていきます。結婚式は様々な年代の人が集まる場なので、ゲストに失礼のないよう、お互いの両親に相談しながら進めると良いでしょう。

挙式スタイルを決める

挙式スタイルを決める

最近の挙式スタイルは「教会式」「神前式」「人前式」の3つが主流です。二人らしさを表現できるスタイルで愛を誓いましょう。

教会式

教会式

教会式とはキリスト教に則って行なう結婚式です。町の教会で式を挙げることもできますが、日本では結婚式場内に設けられた専用のチャペルで結婚式を行なうことがほとんどです。花嫁とその父親が腕を組んで歩く感動のシーンは教会式の見どころのひとつ。古くから続くセレモニーのため、歴史やいわれのある演出を取り入れやすいのも魅力です。

神前式

神前式

日本らしい結婚式を希望するカップルや、白無垢や綿帽子といった婚礼衣装に憧れる花嫁から支持を集めているのが神前式です。昔は家の近くの神社で執り行なうことが一般的でしたが、最近はホテルや結婚式場内の専用施設で行なうケースが増えています。親族とのつながりや日本文化を感じながら、厳かな雰囲気の中で結婚の儀を行ないましょう。

人前式

人前式

宗教色がなく二人の個性を表現しやすいという理由から、最近は人前式を選ぶカップルが増えています。決められた儀式や式次第がなく進行や誓いの言葉などすべてを自由に行なえるため、オリジナリティあふれる結婚式が可能です。演出次第でカジュアルにも格調高くもアレンジでき、二人のアイデアを存分に発揮できる挙式スタイルです。

披露宴の内容を決める

披露宴の内容を決める

披露宴は、新郎新婦の感謝の気持ちをゲストに伝える時間です。二人の希望を取り入れつつもおもてなしの心を忘れず、お互いに思い出に残る披露宴をつくりましょう。

料理内容を決める

料理内容を決める

近年は婚礼料理の種類も実に様々で、定番のフレンチのフルコースや和洋折衷料理をはじめ、会場の一角に多種多彩な料理を用意して、ブッフェ形式でゲストが好きなものを食べられるスタイルの披露宴も登場しています。アレルギー食への対応などは、あらかじめ会場に確認しておきましょう。

新郎新婦が行なう演出を決める

新郎新婦が行なう演出を決める

キャンドルサービスに代表される、新郎新婦がゲストそれぞれのテーブルをまわって感謝の気持ちを伝える演出は、披露宴の見どころのひとつです。キャンドルサービスの他にも、ゲストと記念写真を撮影する「テーブルフォトサービス」や各テーブルに設置された大きなバルーンを割る「バルーンサービス」、空いたグラスにシャンパンを注いでまわる「シャンパンサービス」などがあります。趣向を凝らした演出でゲストを喜ばせましょう。

その他の演出を決める

その他の演出を決める

お色直しで二人が中座しているときに歌や音楽の生演奏で場を和ませたり、親しい友人や恩師へのインタビューの時間を設けてサプライズ演出を行なったり、披露宴がさらに盛り上がるような演出を考えましょう。アイデアに困ったら、遠慮なくウエディングプランナーに相談してみて下さい。豊富な経験をもとに、的確なアドバイスをくれるはずです。