結婚式場情報

結婚式のブーケを選ぶ



ウエディングブーケは、衣裳の数に合わせて用意するのが一般的です。ウエディングドレスとの相性や好みの雰囲気をもとに、二人だけのオリジナルブーケを選びましょう。

ブーケは結婚式に欠かせないアイテム

ブーケは結婚式に欠かせないアイテム

ウエディングブーケは、花嫁の美しさを引き立ててくれる大切なアイテムです。生花で作られることが一般的ですが、新郎新婦の希望によっては生花を加工したプリザーブドフラワーや造花を使用することもあります。造花やプリザーブドフラワーでつくったブーケは結婚式が終わってからも手元に残しておけるので、思い出の品を長く残しておきたいカップルにぴったりです。ブーケは着るドレスに合わせることが基本となるので、お色直しなど衣裳を複数着る場合は、その数に合わせてブーケを用意しましょう。

ブーケを選ぶ際は、ブートニアも同時に選ぶケースが一般的です。ブートニアとは新郎の胸元に飾られた小さな花のことで、ほとんどの場合は新婦が持つブーケと同じ花材でつくります。とはいえ、ブーケとブートニアは同じ花材でつくらなければならないというルールはないので、まったく違うテイストのブーケとブートニアを合わせて個性的なコーディネートを披露しても素敵です。ブートニアはブーケに比べて簡単につくることができるため、二人で手作りしても良いでしょう。

ブーケの種類

ブーケの種類

ウエディングブーケには様々なスタイルがあります。シルエットが同じでも使う花の種類によって印象がまったく変わってきますので、フローリストと相談を重ねながら選んでいきましょう。

定番のシルエットから選ぶなら、半円形の「オーバルブーケ」やふんわりとした楕円形をした「オーバルブーケ」、涙のしずくのような形に仕上げた「ティアドロップブーケ」がおすすめです。花を束ねただけの「クラッチブーケ」や、背が高い花材を使ってスタイリッシュに仕上げた「アームブーケ」なら、個性的でカッコいい花嫁を演出できそうです。

衣裳が和装の場合なら、小ぶりの花を全面にあしらい球状に仕上げた「ボールブーケ」に、組紐や房飾りをあしらって和風に仕上げた「手鞠ブーケ」がおすすめです。プリザーブドフラワーを使って顔の大きさほどの花をつくりあげる「メリアブーケ」も、和風の衣裳と相性が良いブーケです。

ブーケ選びはウエディングドレスを決めてから

ブーケ選びはウエディングドレスを決めてから

ブーケ選びはウエディングドレスとの相性が大切ですので、通常はウエディングドレスが決まってから、ブーケのシルエットや使用する花材を決定します。フローリストのアドバイスも参考にしながら、自身が選んだウエディングドレスの魅力がよりアップするようなブーケをチョイスして下さい。

また、カラードレスやカラフルな着物を予定しているなら、衣裳の色に合わせたブーケを選ぶのもひとつの方法です。優しく清楚なイメージを演出したいならドレスと同系色のブーケを、クールでエレガントな印象を与えたいなら反対色のブーケを選ぶと良いでしょう。ドレスと同系色のブーケを組み合わせるときは、色の濃淡でアクセントをつけるとドレスが引き立ちます。