結婚式場情報

結婚報告の食事会



結納を行なわない場合は、二人の結婚を報告するため食事会を執り行なうのが一般的です。両家が顔を合わせお互いに親睦を深めることが目的で、決まった手順に則って進められる結納とは違い、カジュアルなスタイルで行なわれることが多いようです。とはいえ両家が初めてあいさつを交わす大切な場ですので、服装や会場選びには気をつけましょう。

両家の好みをリサーチして会場を決めよう

両家の好みをリサーチして会場を決めよう

食事会の会場を選ぶ際は、二人の好みだけで決めず、必ず両親の意見を聞いてから決定しましょう。一般的には料亭やレストランを選ぶ人が多いようですが、すでに結婚式場を決めている場合は、そこを利用するのも良いでしょう。料理内容は、話をしながら時間をかけて楽しめるコース料理や懐石料理がおすすめです。味の好みやアレルギーの有無、料理の価格についても、お互いの両親に事前に確認しておきましょう。

会場での座り方

会場での座り方

一般的には、男性側が上座、女性側が下座に座るのがマナーです。男性の父親が一番奥の上座、女性本人が入口に近い下座と覚えておき、父親同士、本人同士が向かい合い、もしくは隣に座る形で着席します。

服装

服装

結納と比較するとカジュアルな場であるため、当日の服装は、男性ならふだんから着ているスーツ、女性ならワンピースなどの略装で良いでしょう。ただし、両家で服装の格が違いすぎるとトラブルのもとになりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

記念品

記念品

結納の場合は会場に結納品が並びますが、食事会であれば特に用意する必要はありません。結納ほど大げさにはしたくないけれどある程度の格式を持たせたいという場合には、男性が婚約指輪、女性はそのお返しとして時計などを準備し、食事会の当日に両親の前でお披露目するカップルもいるようです。ただ食事をするだけのケースに比べて、お互いに結婚への意識が高まるため、両家の会話も盛り上がることでしょう。

当日の進行

当日の進行

特に司会を立てる必要はありませんが、男性側が仕切る形で進めるのが良いでしょう。乾杯をする前に「よろしくお願いします」など挨拶を交わしておくと、けじめの意識が付き、和やかに会が進行します。

費用について

費用について

当日の食事会の費用は両家で折半するのが一般的ですが、結婚する本人たちが負担するケースもあるようです。金額としてはひとり1万円程度が目安です。どちらかが遠方に住んでいる場合は、宿泊費や交通費なども考慮して費用分担すると良いでしょう。

結婚式についても話をしてみよう

結婚式についても話をしてみよう

実際に結婚式の準備が始まると、両家が集まる機会はほとんどありません。そのため、食事会は結婚式について両家の意見をまとめる貴重な機会でもあります。まずは結婚に対する二人の考えや思いのみを伝え、お互いの両親に結婚式についての考え方をたずねてみましょう。結婚式の準備が具体的に進んでからのトラブルを防ぐためにも、できるだけ詳しく聞いておくことをおすすめします。もし食事会の場で両家の考え方に大きな違いがあるとわかった場合には、後日改めて話をする機会を設けましょう。