結婚式場情報

結婚が決まったら!「結納」



「結納」とは昔から伝わる伝統の婚約の儀式のことで、大安や友引などの日取りの良い日を選んで行ないます。仲人を立てることが一般的だった時代は、仲人が男性側から結納品を受け取って女性宅へ届け、日を改めてお返しを女性側から男性側へ届けていました。今は仲人を立てないカップルが多く、ホテルや料亭にて、結納品とお返しの品を同時交換するかたちで結納を行なうのが一般的となっています。

結納の際に準備するもの

結納の際に準備するもの

結納を行なう場合は、結納金の他に、のしや目録などの結納の品を用意します。結納品にはそれぞれ「夫婦円満」「長寿」「子宝」などの意味が込められていて、その数は必ず奇数と決まっており、割り切れる数字を避けることから、5品、7品、9品のいずれかでそろえるのが一般的です。最近では、飾りを簡略化したコンパクトな結納品も多く登場しています。

結納金

結納金

結納金とは男性側から女性側へ渡すお金のことで、「このお金で花嫁道具を準備して下さい」という意味をあらわすものです。女性側からは「袴料」、つまり花婿の衣装代として「結納返し」を渡します。結納金と結納返しの金額の目安は地域や両親の考え方によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

会場

会場

ホテルや料亭で結納を行なう場合は、各会場に用意されている「結納プラン」を利用すると結納をスムーズに執り行なうことができるでしょう。当日の費用は、男性側と女性側の双方で負担するのが一般的ですが、結納品を持参する男性側を接待するという意味で女性側が支払う場合も多く見られます。

地域性

地域性

結納のスタイルは地域によって様々ですが、東日本側は素朴でシンプルなものを用意する場合が多く、西日本側は品数も多く豪華なスタイルで行なうことが多いようです。男性側と女性側の地域に差がある場合は、女性側の風習に合わせるのが一般的です。見栄をはる必要はありませんが、結納とは本来、男性がこれから結婚する女性に不便をかけませんよという意思表示なので、女性側への配慮を忘れないようにしましょう。

結納式の流れ

結納式には、伝統的な口上があります。普段言いなれない言葉ばかりですので、スムーズに話せるよう、当日までに練習しておきましょう。

服装

服装

本来の結納式であれば結婚式と同様、父親はモーニングか紋付袴、母親は色留袖の正装でのぞみますが、最近では、礼服やスーツ、ワンピースなど略装で参加するケースも増えています。結婚する二人の格好は、女性は独身最後の晴れ姿という意味もあり振袖を、男性は礼服を着るのが正装となりますが、両親と同様に、スーツやワンピースでも良いでしょう。両家の服装に差が出ないよう、事前に打ち合わせしておきましょう。

当日の進行

当日の進行

仲人を立てた場合は、仲人の指示に従って進めますが、いない場合はホテルのスタッフやウエディングプランナーが司会を務めます。両家のみで行なう場合は、男性側の父親が進行を行ないます。結納式が終わったら、両家で桜茶を飲み会食をして終了です。