結婚式場情報

結婚が決まったら!「仲人の依頼」



仲人とは、両家の仲をとりもち、結婚後も生活や仕事などの相談にのってくれる世話役のことをいいます。以前は仲人を立てることが当たり前でしたが、最近は仲人を立てずに結婚する人が増えています。仲人を立てるかどうかは、本人たちだけでなく両家の希望や地域のしきたりも確認して決めましょう。

仲人の種類

仲人の種類

お見合い結婚が主流だった頃は、引き合わせから結納、挙式、披露宴、その後の生活の面倒まで、結婚に関するすべての世話を仲人が行なうことが一般的でしたが、現在は、挙式・披露宴でのみ仲人を立てるというケースが増えています。

引き合わせ仲人

引き合わせ仲人

引き合わせ仲人とは、新郎新婦を引き合わせるところからすべてを取り持つ人のことを言います。昔は近所や会社の人が設けたお見合いによって結婚が決まることも多く、その人が仲人の役割を受けることが一般的でした。しかし最近では恋愛結婚が多くなりお見合いそのものが減っていることから、引き合わせ仲人を立てるカップルの数も減少しています。

頼まれ仲人

頼まれ仲人

頼まれ仲人とは、挙式や披露宴時の晩酌人や、結納から挙式までのお世話をする仲人のことをいいます。最近の仲人はこの方法が主流となっています。

仲人選び

仲人選び

仲人を誰にお願いするかはとても重要なポイントです。会社の上司や恩師、親戚などが一般的ですが、新郎新婦がお世話になっている人でも良いでしょう。転職を考えているのであれば、会社関係者にお願いするのは控えます。また、日頃から多忙な方にお願いすると、日程調整が難しかったり、結婚後に相談をしたくても都合が合わなかったりするため、避けたほうが無難です。若い夫婦にお願いしても問題はありませんが、親類の中に仲人の年齢を気にする人がいるかもしれないので、両親の意見も参考にしながら決めて下さい。仲人をお願いする場合は、結納や結婚式の半年前までにお願いに伺います。

なお、仲人は夫婦で行なうというイメージが強くありますが、実は独身者ひとりでも結婚前のカップルでも問題ありません。しかしながら、これから人生をともにする二人が理想とする仲睦まじい夫婦が仲人であれば、すべてを安心して任せられるという思いから、夫婦が仲人に立つことが多いようです。

仲人のメリット、デメリット

仲人を立てるうえでのメリットとデメリットをご紹介します。二人と両家にとって最善の方法を選びましょう。

メリット

メリット

挙式までの準備を進めるうち、両家の意見の違いや金銭的なトラブルなど、必ず問題が生じます。その際に仲人がいれば第三者的な立場からの意見を聞くことができ、中立の立場で相談に乗ってもらうことができます。相手の両親に対する意見など、言いにくいことがあったとしても仲人を通してなら角が立たずスムーズに進むでしょう。

デメリット

デメリット

一番のデメリットは、仲人にかかる費用と、結婚後の付き合いです。仲人にかかる費用は、謝礼の数十万円の他、当日の車代なども必要となります。結婚後は季節の挨拶をはじめ定期的に訪問して顔を見せるのがマナーですが、最近ではお中元やお歳暮を送るだけなど、簡素化しているケースも多いようです。仲人との付き合い方については、両家の意見を事前にまとめておくことが重要です。