結婚式場情報

結婚が決まったら!「会社や友人への挨拶」



お互いの両親から結婚の承諾を得た後は、会社や友人に結婚の報告を行ないます。会社の場合はまず上司に報告するのが鉄則です。噂で伝わってしまうと気を悪くする人もいますので注意して下さい。また、苗字や住所が変わる場合や新婚旅行で長期休暇を希望する場合などは会社への届出が必要ですので、担当部署に確認しておきましょう。

会社への報告

会社への報告

会社へ結婚の報告を行なう際は、まず直属の上司に報告するのが一般的です。結婚式を挙げる場合は、日取りが決まったタイミングで報告しても大丈夫です。上司を招待する場合は列席のお願いも併せて行ない、入籍のみの場合は、「○月○日に入籍します(しました)」という形で報告します。報告と同時に結婚相手の簡単なプロフィールや二人の馴れ初めなどを紹介したり、結婚をきっかけに今後さらに仕事にまい進する旨を伝えたりすると良いでしょう。

同僚や後輩などへの報告は、上司への報告が終わってから行ないます。もし先に伝えてしまった場合は上司にはまだ報告してないことを伝え、本人の耳に入らないよう協力してもらいましょう。

女性は今後の仕事について決めてから報告を

女性は今後の仕事について決めてから報告を

女性の場合、結婚した後も今まで通り働きたいのか、時短勤務を希望するのか、退社するのかなど、まずは今後の働き方を決めましょう。仕事を続ける場合は、子どもができた場合はどうするのかについても考えておきます。相手の男性や、できれば両親も交えて一緒に話し合っておくとお互いの考えを知ることができ、結婚後のトラブルを防ぐことにもつながります。

結婚後の働き方、子どもができた場合の働き方について方向性がまとまったら、上司や会社の担当部署に、自身の気持ちを正直に伝えます。会社の事情もあるので、無理をせずお互いにとって最適な方法を選択しましょう。

友人への報告と注意点

友人への報告と注意点

親しい友人へ結婚報告を行なう際は、飲み会など、みんなが集まった場で直接報告をするケースが多いようです。遠くに住んでいてなかなか会えない友人には電話やメールで伝えましょう。結婚式に招待する友人の場合は日程の調整もありますので、早めに連絡を取って「後日招待状を送ります」と伝えておきます。

報告は控えめに

報告は控えめに

結婚報告を行なうときは、自分のうれしい気持ちを全面的に出し、ついオーバートーンになってしまいがちですが、はしゃぎ過ぎてしまうと相手が祝福したい気持ちを素直に出せなくなってしまうこともあるので注意します。同年代の独身の友人の場合は、相手の立場や気持ちを考え、最初の報告は控えめに行なうのが良いでしょう。

仲の良い友人から先に

仲の良い友人から先に

結婚が決まったうれしさから、会社の後輩やたまたま会った友人に先に報告してしまうと、仲の良い友人が人伝いに聞いてしまったときに「私は聞いてない」とトラブルになることがあります。特に女性の場合は、相手との関係性を重んじる人が多いので報告する順番には注意して下さい。