結婚式場情報

結婚への第一歩「プロポーズ」



プロポーズとは結婚の申し込みのことです。男性からの求婚しか認められていなかった時代の名残から、現代においても男性からの申し込みが主流となっていますが、最近では女性から申し込む「逆プロポーズ」も増えているようです。

プロポーズをするときの演出

プロポーズをするときの演出

思い出や記念日を大切にする女性にとって、プロポーズのときの演出はとても重要です。特別な場所へ招待したり高価なプレゼントを用意したりと彼女に内緒で様々な計画を考えている男性も多いかもしれませんが、プロポーズを成功へ導くためにはまず相手の好みや性格を分析し、それに合ったプロポーズを行なうことが大切です。

場所

場所

夜景の見えるレストランやテーマパークなど、イベント性の高い場所は定番のプロポーズスポットです。また、自宅や車中など二人きりになれる場所を選ぶ人も多いようです。プロポーズを行なった際に、相手が喜びそうな場所を選びましょう。

サプライズ

サプライズ

花火を打ち上げる、街頭掲示板を利用するなど、非日常的なイベントを企画するのも良いでしょう。ただし、度が過ぎると相手をしらけさせてしまうこともあるので注意が必要です。友人たちを招いてパーティを企画し大勢の前でプロポーズをすれば、そこにいる全員にとって一生の思い出になりそうです。

言葉

言葉

ストレートに「結婚しよう」と伝える男性が多く、女性からも素直な言葉が人気です。結婚という言葉を言わず曖昧にしたりかっこよく英語で決めようとしたりせず、はっきりとわかりやすい言葉で結婚したい旨を伝えて下さい。

タイミング

タイミング

誕生日やクリスマスといったイベントのときは、プロポーズを行ないやすいタイミングです。女性の期待も高まっているので、成功する確率も高いと言えるでしょう。

プレゼント

プレゼント

プロポーズを行なうときは、婚約指輪や花束などプレゼントを用意するのもおすすめです。自作の歌や手作りのアクセサリーなども心がこもっているという意味では素敵ですが、本当に彼女の趣味に合っているのかを考えてから実行に移しましょう。

プロポーズの日

プロポーズの日

6月の第1日曜日は「プロポーズの日」です。1994年(平成6年)、全日本ブライダル協会が、なかなか結婚に踏み切れないカップルのプロポーズのきっかけになればとジューンブライドにちなんだこの日に制定しました。毎年6月の第1日曜日には結婚式場や観光地などでプロポーズの日にちなんだイベントが開催されており、恋人同士の結婚をサポートしています。結婚のきっかけをつくりたいカップルは、二人で足を運んでみてはいかがでしょうか。

海外のプロポーズ事情

海外のプロポーズ事情

アメリカにおけるプロポーズの定番イベントといえばバレンタインデーです。アメリカのバレンタインデーは日本と違い、男性から女性にプレゼントを贈る日であるというのがその理由です。

一方、恋愛大国と言われるイタリアでは、宗教の観点から離婚が難しいため結婚へのハードルが高く、意外にもプロポーズそのものに力を入れる男性は多くないようです。フランスやオランダなども事実婚が多く、入籍していないカップルの間に子どもがいるケースも少なくありません。